ベストティーチャーがオンライン英会話とIELTS対策には最適という結論です。

pokoのアイコン画像poko

IELTSの対策って自分でやるにしてもどうやってやったらいいか分かんないのよね。学校行くにしても時間ないし、なにより学費が超高いんですけど…

maruのアイコン画像maru

ベストティーチャーは学校と違って安くIELTS対策を超効率よく超効果的にできるオンライン英会話だよ!日常英会話やビジネス英語にも超使えるからホント使わないと時間無駄にするレベル!

この記事を読み始める前に

このページでは、IELTS対策を自宅で行えるベストティーチャーの使い方をまとめています。

コスパ最高の神オンライン英会話【ベストティーチャー】のシステムの説明と、効果的な使い方を知ることができます。

他社のオンライン英会話と違って、効率よく英語学習をできる機能が備わっているので、是非英語の勉強に取り入れてみてください。

英語学習に迷っている人は必見です。

目次

ベストティーチャーをざっくりまとめ

  • コスパ最高→月額12,000 or 16,500円でライティング、スピーキングが受け放題。
  • 効率よく英語学習が可能→自分で作った文章を添削して貰った後にスピーキングで定着させる。
  • 繰り返し復習可能→PDFで添削文章を保存可能、MP3で音声を保存可能

ベストティーチャーはこんな人にオススメ

  • IELTSなどの試験対策をしたい人
  • 効率的に英語力を伸ばしたい人
  • オンライン英会話のスピーキングに対して壁を感じている

ベストティーチャーの料金

ベストティーチャーの料金体系は通常英会話コースと試験対策コースの2つに分かれており、自分の目的に合った授業を受ける事ができます。

それぞれのコースで出来る内容・料金は以下の通りです。

通常英会話コース

  • 日常英会話
  • ビジネス英語

試験対策コース

  • IELTS アカデミック&ジェネラルモジュール
  • TOEIC S&W
  • TOEFL iBT
  • 英検1級~3級
  • GTEC CBT
  • TEAP
通常英会話コース月額12,000円
試験対策コース月額16,500円
pokoのアイコン画像poko

ん?…ちょっと高くない?

maruのアイコン画像maru

パッと見ると高く感じると思うんだけど、月額料金でレッスンは受け放題なんだ!

ベストティーチャーは月額料金で授業制限がないので、やる気があれば毎日受ける事もできます。

毎日レッスンを受けるのであれば1日当たりの料金は400円 or 550円という破格の値段に…

後述しますが、ベストティーチャーの授業時間は特に決まっておらず、30分でも終わるし2時間かかるという人もいます。一概に授業時間がどのぐらいかかるかは生徒によりけりですが、ここでは1日当たりの料金について他社のスクールと比べます。

ベストティーチャー通学型
英会話スクール
価格400 or 550円8,000円
初期費用無料3~5万円
レッスン回数無制限週1~2回
時間帯24時間9~21時
環境どこでも可能最寄りの教室

僕はフィリピン留学でもIELTS対策コースに行ってますが、その時の料金は1日当たり約18,500円…

ベストティーチャーの料金をパッと見ただけだとかなり高く感じるかもしれませんが、毎日やれば1日400円 or 550円で英語の勉強ができるコスパ最強のオンライン英会話です。

ベストティーチャーのメリット

ベストティーチャーを実際に利用し、感じたメリットは以下の通りです。

優れている点

  • 膨大な数のテーマから自分に必要なトピックを勉強可能
  • ライティングから始めるので怖くない
  • 正しい文法・単語を使える

自分に必要な勉強ができる

通常オンライン英会話では自分の目的に合った会社を以下のように選ぶ必要があります。

友達と英語で話せるようになりたい→スタディサプリ

会社内で使える英語を勉強したい→ネイティブキャンプ

試験の苦手な個所をピンポイントで勉強したい→スタディサプリやSANTA TOEIC

それぞれのオンライン英会話や英語アプリでも勉強できるトピックは多いのですが、ビジネス英語と日常英会話どっちもやりたい…となると別々の会社に登録しなければいけません。

しかしベストティーチャーの場合は全ての目的に合わせた学習が1つのコースで完結します。

通常英会話コースではビジネスでよく使う【メール・会議・業務連絡etc…】と日常でよく遭遇する【挨拶・自己紹介etc…】など1000以上のパターンから本当に必要なトピックだけ勉強する事ができます。

試験対策コースの場合は通常英会話コース+試験対策【IELTSライティング・スピーキング】を123問勉強する事ができます。

maruのアイコン画像maru

毎日やったとしても3年はかかるからもう勉強することないな…って事にはならないね!

スピーキングは後回し

オンライン英会話でスピーキングをするという人は少し壁を感じるのではないでしょうか。

いきなり英語を話せと言われても何をどうやって使ったらいいか分からない…というのは僕も実際に感じた事ですし、英語に対する苦手意識がオンライン英会話というコスパ抜群の教材を使う事に対して邪魔してしまいます。

その点ベストティーチャーは英語に対する苦手意識とスピーキングに対する壁を取り除いてからレッスンに入ることができます。

ベストティーチャーの流れ

  1. 自分の好きなトピックを選ぶ
  2. トピックに対して文章を書く
  3. 添削して貰う
  4. 自分の文章を見て、聞いて覚える
  5. 実際に作った文章を元にスピーキング開始

最初にゆっくりと時間を取り、文章を作っていきます。

この際にベストティーチャーには辞書機能が内蔵されているので使っても良いですし、よく使うフレーズなども書いてあるので自分なりに文章を作りましょう。

先生がしっかりと添削してくれるので、完成した文章を覚えていきます。

僕が一番ベストティーチャーで気に入っている機能はここから。

添削された文章をPDFでパソコン内に保存可能

添削された文章を音声にしてMP3で保存可能

この2つの機能が備わっているのは他のオンライン英会話にはないかと。

この機能が使えることでしっかりと正しいインプット(記憶)をする事ができ、スムーズにスピーキングに入っていく事ができます。

いきなりスピーキングで何を話したらいいか分からないという人にはかなり使えるレッスン方法かと思います。

正しい英語を勉強できる

僕は正直なところ定冠詞【a / an / the】がかなりあやふやで苦手意識を持っています。それ以外にも前置詞は完璧に使いこなせていません。

maruのアイコン画像maru

完璧じゃなくても話す分には理解してもらえるからという言い訳を言ってみる。

会話をする際には多少あやふやでも理解してもらえますが、これがテストなどになると大問題ですよね。

自分が今まで使ってきた英語をベストティーチャーで試すことによって、文法ミスやスペルミスなどにも再度気づかされます。

ぶっちゃけ日常会話をメインに伸ばしたい人は気にする個所ではありませんが、テスト対策をしている人やビジネス英語を勉強している人にとってはとても重要な問題です。

他所のオンライン英会話ではスピーキングのみで、細かい文法ミスやスペルミスをその都度直してもらう事はできません。

ベストティーチャーはこの独特のレッスン方法【ライティング→スピーキング】という形式の為に、痒い所に手が届くオンライン英会話となっています。

ベストティーチャーのデメリット

個人的にベストティーチャーはかなりお気に入りのオンライン英会話なのでメリットがほとんどなのですが、やはり気になる点も若干あります。

惜しい点

  • ipadやスマホでのレッスンがやりづらい
  • 体験レッスンが分かりづらい

ベストティーチャーを使うならパソコンで

上でも述べているように、ベストティーチャーのメリットはライティングから始められる事。

しかしこれをスマホやタブレット端末などでやるとなるとひじょーーーにやりづらい

そもそもスマホで長文を打つことに慣れている人には苦にならないかと思いますが、IELTSなどのテストにはパソコンで受けるものもあります。

パソコンでのタイピングに慣れるという意味でもスマホやタブレット端末はオススメできませんし、ライティング作成時に文字が見切れてしまいわざわざスクロールをしないといけません。

maruのアイコン画像maru

これが結構めんどくさいんだよねー。

そしてさらに言うとアプリが使いづらい。というより音声データがダウンロードできない点です。

英語を学習する上で音とリンクさせて覚えていく事は必須です。音声データを復習に使えるベストティーチャーはこの点が最高なのですが、スマホだと音声をダウンロードして聞き直すことができません。

聞く事はできますが端末にダウンロードする事が出来ないのでアプリを毎回開く事になります。

音声データは先生が直接話しているわけではなく、機械の読み上げによって作られています。

パソコンでの音声読み上げはかなり自然に文章を読み上げてくれ、適した箇所で息継ぎのような一瞬の間があります。

しかしアプリで聞くとThe ロボットという感じで正直聞くに堪えれません。イントネーションはなんとか意識することができますが、文章が全て繋がっています。

これだと復習に使う事ができないのでパソコンでの音声ダウンロードを繰り返し聞く事をオススメします。

体験レッスンが分かりづらい

僕がベストティーチャーを始めた時にまず思ったのがコレ。

IELTSコースを受講したいのに体験レッスンを始めたら知らないうちに通常会話コースになっていました。

まだ体験レッスンだったので良かったのですが、そのまま本登録してしまうと1ヵ月は通常会話コースを続けることになってしまいます。

下で詳しい体験レッスンの始め方を説明していますが、初見だとどうしたらいいか分からなくなることもあるかと。

ベストティーチャーの惜しい所はこの2点ですが、しっかりと登録してパソコンをメインに使えば、かなり勉強できるオンライン英会話なので個人的にそこまでこのデメリットは気にならないかと思います。

ベストティーチャーを効率よく英語学習に使うには

さてここまで概要をまとめてきましたが、ここからは効率よく効果的にベストティーチャーを使い倒す方法を書いていきます。

maruのアイコン画像maru

ぶっちゃけ自分で何も用意する必要はないし、ベストティーチャー1つで英語学習は完結するよ!

英語学習を効率的に進め、短期間で最大限の効果を得るにはインプット(記憶)とアウトプット(実際に使うコト)を圧倒的に意識する事です。

人間は何かを覚えて自分のモノにするために2つのステップがあります。

  • 知識を吸収する(インプット)
  • 得た知識を自分なりの方法に落とし込む作業(アウトプット)

この2つを意識するだけで、英語を自分のモノにすることができます。

この作業は語学学習だけでなく、スポーツや特定の技術(マーケティングや営業など)にも応用されているので効率よく何かを自分のモノにしたい時には必須の作業です。

pokoのアイコン画像poko

じゃあインプットとアウトプットを意識してベストティーチャーを使っていくとどんな学習方法になるの?

効率のいい使い方

  1. ライティングに挑戦
  2. 添削された文章と音声をシャドーイングに活用
  3. 覚えた文章をスピーキングで使う
maruのアイコン画像maru

簡潔にまとめるとこんな感じ!

特筆すべき点はシャドーイングに活用できることです。

シャドーイングとは?

シャドーイングとは英語勉強法の1つで、インプットとアウトプットを同時に鍛えていく事ができます。

自分で作った文章をインプットする

自分が作った文章は先生によって添削され、正しい英語として貰うことができます。

これをまずはひたすら脳内に叩き込んでいきましょう。

具体的な方法としては音読がオススメ。音読をする事で脳内に音として覚えさせるだけでなく、英語を話すときの口の使い方も同時に覚えられます。

この添削された文章は10回を目安に読み上げましょう

ここまで出来たらシャドーイングに進むための準備は終わりです。

シャドーイングでインプットとアウトプットを意識する

次に音声データを活用してインプットとアウトプットを同時にしていきます。

ベストティーチャーのアプリやサイトでも音声を使う事はできますが、個人的にはパソコンで音声を保存してスマホで聞くのがオススメ。

理由はシンプルにいちいちアプリやサイトを開くのがめんどくさいから笑

無料の音声再生アプリなどを使うと音源のスピードを調整することも可能なので、最初は通常のスピードでシャドーイングを始めないで少しだけ遅くした状態で始めていきましょう。

5回は遅い状態でシャドーイングをし、5回は通常のスピード計10回を目安にシャドーイングをします。

maruのアイコン画像maru

ここまで来ると自分の作った文章を見なくても、音声だけで追えるようになるよ!

シャドーイングはこれで終わりにしましょう。1つのトピックに対して30回、50回するのは効果的ではありますが、非効率的です。

この後にスピーキングでもさらに定着させることができるので、シャドーイングはほどほどにしておくと精神的に疲れないかと。

スピーキングで最後の仕上げ

インプットが終わり、最後にやっとスピーキングを先生とオンラインで行います。

ここまでで自分で作った文章を徹底的にインプットしているのでそこまでスピーキングに対して緊張する事はないかと思います。

スピーキングレッスン自体は添削された文章をベースに進めていくので、覚えた事を先生に使う事でさらに英語を脳に定着させることができます。

maruのアイコン画像maru

恐怖心無し+記憶の定着化を加速させられるから効率よい!

ベストティーチャーの体験レッスンを始めよう

ベストティーチャーはかなり優れたオンライン英会話というのはお分かりになったでしょうか。

maruのアイコン画像maru

ベストティーチャーは無料で体験レッスンできるからまずは試してみよう!

デメリットの所でも少し触れていますが、試験対策コースを体験レッスンしたい人は少しだけ気を付けて登録していきましょう。

通常英会話コース

まずはここからベストティーチャーのページへ飛びます。

そのまま体験レッスンを押して登録を進めていきましょう。

必要な情報を入力すると本登録が記載されたメールが届くので、URLをクリックし本登録を完了すると…

このようにすぐに体験レッスンのライティングを始めることができます。

試験対策コース

通常英会話コースと同じようにここからベストティーチャーのページへと飛びます。

するとこのような画面になりますが、そのまま情報を入力してしまうと通常英会話の体験レッスンになってしまうので下へスクロールして赤い枠の中から自分の受けたい対策コースを選びましょう。

するとそれぞれの対策コースに応じたページが出てくるので無料体験レッスンをクリックして必要情報を入力していきます。

あとは通常英会話と同じようにすぐ体験レッスンを始めていく事ができます。

体験レッスンが終了しても自動的に料金は発生しないので安心してください。

maruのアイコン画像maru

僕は間違えて通常英会話コースで体験レッスンしちゃったから、試験対策コースを受けたい人は気を付けようね!

最後に:ベストティーチャーは英語学習者全員にオススメ

ベストティーチャーは日常英会話やビジネス英語、各種テスト対策まで幅広く勉強する事ができます。

個人的にIELTS対策をするのであれば添削をしてくれ、シャドーイングによって効率よく吸収できるベストティーチャーが一番かなと思います。

日常英会話やビジネス英語を勉強する人も普段はライティングをおろそかにしがちですが、英語学習にライティングは必須です。

スピーキングだけに集中することなく、うまくライティングを勉強に取り入れることでさらに英語力を伸ばすことができますよ。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる