【無料】TOEICの模擬試験・問題が解けるサイト6選

maruのアイコン画像maru

TOEICの問題集って意外と高いし、無料で模試・問題が解けるサイトはないかな?

pokoのアイコン画像poko

私が実際に使った便利なサイトを紹介するね!

TOEICの模擬試験や問題が掲載されている無料サイトは山程ありますが、登録が必要だったり、問題数が少なかったりと使いづらいものもあります。

今回は、登録が不要でなるべくたくさんのTOEICの問題が無料で解けるサイトを6つピックアップしました。

  • TOEICでどんな問題が出題されるのか見てみたい
  • 現在の実力試しにTOEICの模擬試験を受けてみたい
  • たくさん問題を解いて出題形式に慣れたい

という方は是非参考にしてみてください。

10分でTOEIC予想スコアがわかるアプリ

▼ SANTA TOEIC ▼

無料実力診断テストを受けてみる!

目次

TOEICの無料模擬試験サイト

まずは、1〜7の全パートを解ける無料サイトをご紹介します。

120分の模擬試験をするならToeic4uがおすすめです。

【公式】TOEIC®Listening & Reading Test

対応パートPart 1〜7
問題数各パート2〜10問
解説の有無なし
公式サイトTOEIC Program:サンプル問題

TOEICを運営・実施しているETSによる公式のサンプル問題です。

全パートの問題が数問ずつ掲載されていて、TOEICの問題の全体像を把握するのにピッタリです。

リスニング中の登場人物も本番と同じ声の人なので、会話速度や声質に慣れるという点で1度は聞いておくのがおすすめです。

▼ ETS制作【TOEICの公式問題集7】最新版 ▼

アルク ENGLISH JOURNAL

対応パートPart 1〜7
問題数各パート3〜18問
解説の有無あり
公式サイトアルク ENGLISH JOURNAL

英語学習関連の書籍やサービス提供を行うアルクのWebコンテンツです。

TOEICに関する書籍も多数出版している会社であり、問題も本番に近い内容が出題されています。

簡単な日本語の解説もついているので、サクッと実力を試してみましょう。

▼ アルク出版のTOEIC模試 ▼

Toeic4u

対応パートPart 1〜7
問題数単語:10問×9セット
フルテスト:約200問×20セット
ミニテスト:約50問×8セット
解説の有無なし
公式サイトToeic4u

無料で単語、120分のフルテスト、30分のミニテストが解けるサイトです。

元々はベトナムのサイトになりますが、重要な点は日本語の翻訳がされているので十分に使えます。

解説がないのが難点ですが、問題数はかなり多いのでとにかく問題を解きたいという方におすすめ。

TOEICの無料問題サイト

ここからは、特定のパートの問題がたくさん解ける無料のTOEIC問題サイトをご紹介します。

苦手なパートがある方はこれらを利用すると集中的に対策ができます。

過去問.com

対応パートPart 1・2・5・6
問題数全810問
解説の有無あり
公式サイト過去問.com

過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。

リスニングパートの練習問題もありますが、音声が流れないのがデメリット。

パート5の文法問題と解説が豊富に掲載されているので、文法が苦手な方にはおすすめのサイトです。

全問正解するまでランダムに過去問を解き続けられる「ランダム出題機能」で自動で間違えた問題を出題します。

1つの問題に対する解説が複数あるので、より深く理解することができますよ。

Eigo Love

対応パートPart 3・5・6
問題数Part3:12問
Part5・6:411問
解説の有無あり
公式サイトEigo Love

TOEICの初級・中級・上級のレベル別で問題が掲載されているサイトです。

TOEIC満点の英語ネイティブにより作成された問題で、日本語の解説も丁寧でわかりやすくなっています。

パート3・6の日本語訳やスクリプトが掲載されているレアなサイトなので、初心者の方も日本語でしっかり理解しながら学習できますよ。

英語リスニング学習館

対応パートPart 2
問題数100問
解説の有無あり
公式サイト英語リスニング学習館

TOEICパート2の問題が100問解けるサイトです。

ディクテーション機能がついており、英文を正しく聞き取る能力が身につきます。

パート2は対策すれば点数を稼ぐことのできるパートなので、繰り返しチャレンジしてみてくださいね。

日本語の解説付きで、重要単語・熟語も学ぶことができます。

無料のTOEIC模擬試験・問題だけで対策はできる?

無料のTOEICサイトのみの対策は、正直あまりおすすめできません。

もちろん、

  • とにかく無料
  • 様々な問題にトライできる

というメリットはありますが、デメリットがあるのも事実です。

無料サイトのデメリット

  • 問題の質がまちまち
  • 解説がないことも
  • 長文の対策ができない

問題の質がまちまち

TOEICに精通している方が無料で問題を提供してくれている場合もありますが、どのくらいの再現性なのかは正直わかりません。

中にはTOEICの出題傾向と一致していない問題(例えば冠詞を問う問題)などが掲載されていることもあります。

解説がないことも

とにかくたくさん問題を解きたいんだ!という方は、大量に問題が解ける無料サイトは使えます。

しかし、間違えた問題で「なぜ間違えたのか」を理解しないと目標スコアに届くまでに時間がかかってしまいます。

TOEIC学習を始めたばかりの方は特に、解説付きの問題で学習の質を上げるのも重要になってきます。

長文対策ができない

無料で使えるサイトで、長文問題であるパート7を解説付きで掲載しているものはほとんどありません。

リーディングの54/100問がパート7なので、全く対策せずに臨むのはもったいないですね。

TOEICの模擬試験を解きまくりたいなら!

以下は有料にはなりますが、大量にTOEICの模擬試験や問題を解くにはコスパがいいツールになります。

とにかく模試を解きたい方はe-test、解説をみてしっかり学びたい方はスタディサプリTOEICがおすすめです。

e-test

e-testは、月額2,100円で本番さながらのTOEIC模試が解き放題のサイトです。

約30分間のテストを受験すると、現在のあなたのレベルをTOEICのスコア換算で表示してくれます。

公式問題集と比較してみるとコスパの良さがわかります。

コスパ比較

公式問題集e-test
問題数400問3,000問
テスト回数2回分約15回分
料金(税込)3,300円2,100円/月

受験履歴や学習の進捗も自分で確認できるのでモチベーションも保ちやすいですね。

無料のトライアル問題は登録なしで解くことができ、気軽にチャレンジできます。

【公式サイト】オンラインTOEIC模試 e-test

スタディサプリ TOEIC対策コース

スタディサプリのTOEIC対策コースは、TOEIC模試20回分相当の練習問題が収録されています。

神授業と言われる動画講義の解説がセットになっているので、間違えたところをしっかり理解しながらスコアアップを目指すことができます。

月額は3,278円と安くはないですが、7日間の無料体験でフルバージョンが使えるので気に入ったら続けてもいいかもしれません。

初めてTOEICの勉強をする方や文法パートが苦手という方は、一度講義を見てみるとTOEICで押さえるべきポイントが理解できること間違いなしです!

【公式サイト】スタディサプリTOEICテスト対策


▼新規入会特典実施中▼

無料のTOEIC模擬試験・問題サイトを活用するのもアリですが、やはり有料のツールに勝るものはありません。

これから本格的にTOEICを学習する方、スコアが伸び悩んでいる方は解説付きの問題で理解を深めていきましょう!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる