コンピューターで受けるIELTSを過去6回受験した僕が違いをまとめます

pokoのアイコン画像poko

コンピューターで受けるIELTSが日本でも実施されているみたいなんだけど、違いはあるの?

このような疑問を解決します。

本記事の内容

  • コンピューターで受けるIELTSのメリット・デメリット
  • ペーパーベースとの違い
  • コンピューターで受けるIELTSに向いている人

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、オーストラリア移住の為にコンピューターで受けるIELTSを過去6回受験しました。

ペーパーベースのIELTSも過去2回受けたことがあります。

コンピューターで受けられるIELTSをご存知でしょうか?

僕は上記の画像の通り、過去に6回IELTSをコンピューターで受験しています。

まだ日本では比較的新しいテスト形式なので、どちらが良いのか分からない。

そんな方のためにこのページではコンピューターベースのIELTSを徹底的にまとめています。

IELTSの概要は下記にまとめてあるので、そもそもIELTSとはなにかわからない人はまずこちらからおすすめします。

maruのアイコン画像maru

ではさっそく詳しく見ていきましょう!

目次

コンピューターベースIELTSの特徴

コンピューターで受けるIELTSの特徴は以下の通りです。

  • 受験後3〜5日で結果をオンラインで確認可能
  • 最短3日前まで予約可能
  • 平日・週末関わらず開催
  • 受験者が少ない
  • 受験料は26,400円とペーパーベースより約1,000円高め

すぐに結果を確認できる

試験会場によって3日で試験結果を確認できるところもあれば、5日かかるところもあります。

土日祝日を除いた3〜5日後に結果が発表されます。

maruのアイコン画像maru

僕がオーストラリアで受けた時は大体が2日で結果発表されました。

従来のIELTSの場合

従来のIELTSは試験を受けてから結果発表までは13日かかります。

直前の予約でもOK

受けたい日に会場が満員だったとしても、直前まで他の会場で予約をすることができます。

大学に提出する期限が近くてもすぐに受け、結果を確認することが可能です。

maruのアイコン画像maru

急いでいる人は2週間に1回受けるなんて荒業も可能です

ほぼ毎日開催されている

従来のIELTSでは週末にしかテストが開催されていなかったために、貴重な休日を利用して受験していました。

しかしコンピューターベースのIELTSであればほぼ毎日(1週間で6日間)開催されているので、他の予定と柔軟に合わせることができます。

受験者が少ない

まだコンピューターでのIELTSに抵抗があるからなのか、受験者は圧倒的に少ないです。

無駄な緊張がなく、登録や荷物を預ける際にもスムーズに対応してもらえます。

従来のIELTSの場合

受験生がが50人以上同じ会場に集まり、登録や荷物管理にもかなり時間がかかります。

トイレもかなり込み合うのでテスト以外にも気を使います。

受験料はちょっぴり高め

日本でコンピューターベースのIELTSを受験する場合はおよそ1,000円、ペーパーベースに比べて高くなります。

maruのアイコン画像maru

オーストラリアだとどちらも同じ値段でした

コンピューターで受けるIELTSはどんな感じ?

全ての科目が始まる前に、このような確認画面が出てきます。

  • 名前
  • 生年月日
  • 受験者番号

をしっかりと確認し、合っていたら次に進みます。

コンピューターベースIELTS:リスニング

試験が始まる前にこのような画面になります。

ここの画面では右上の音量調節バーでヘッドフォンを自分好みの音量に変更可能です。

Play soundを押して実際の音量を確認します。

次にこのような画面になります。

maruのアイコン画像maru

この時点ではまだ始まっていませんが、スタートを押すと試験が始まりますので息を整えて臨みましょう。

マルチプルチョイスはこんな感じで出題されます。

マウスでクリックするだけなので簡単ですね。

選択問題はこんな感じです。

右側の選択肢をドラッグし、左の問題に当てはめていきます。

間違えてしまっても途中で変更は可能です。

地形やマップに関する問題はこんな感じで出題されます。

問題と解答をどうやって答えたらいいのか混乱するかもしれませんが、やることは従来のペーパーベースと同じです。

もちろん書き込み形式も出題されます。

問題を聞きながらタイピングしても大丈夫ですが、心配な人や慣れていない人はメモ用紙に答えを書きましょう。

問題の後に解答を打ち込む時間があるので焦らなくてOKです。

コンピューターベースIELTS:リーディング

試験が始まる前に、この画面になります。

maruのアイコン画像maru

スタートを押すとリーディングテストが始まります。

リーディングでの出題はこのように問題文と問題が同じページに記載されています。

従来のテストでは表を見たり、裏を見たりで集中できませんでしたが、コンピューターベースのIELTSではスムーズに問題に集中できます。

問題文に書き込める?

紙のように直接書き込むことは不可能ですが、下記のように右クリックで文章をハイライトすることができます。

タイピングミスが不安…

コンピューターベースのIELTSではコピー&ペーストが使えます。

しかし右クリックでのコピー&ペーストは使えませんので下記のショートカットキーを覚えておきましょう。

  • Ctr + C コピー
  • Ctr + V ペースト
maruのアイコン画像maru

【Ctr + X カット】のショートカットキーは使えなかったので、コピーとペーストでやるのが良いかと思います。

個人的にこの機能は神です。

スペルミスも確実になくなりますし、時間の消費を大幅に抑えることができます。

スペースも一緒にコピペして解答しないように気をつけましょう。

あくまでも単語のみをコピペします。

リーディングの対策

リーディングに関してはIELTSリーディングのスコアを上げる方法にまとめてあるのでチェックしてみてください。

コンピューターベースIELTS:ライティング

maruのアイコン画像maru

試験が始まる前に他と同様にこのような画面になります。

パート1、パート2の出題形式はは以下の通りです。

パート1とパート2の切り替えは右下の←→ボタンか、左下のタブで変更可能です。

文字数は確認できる?

白紙の下に文字数カウントがついているので正確に文字数をカウントしながら進めることができます。

ライティングの対策

具体的な対策はIELTSライティングのコツは4つのステップを意識することにまとめてあるので是非チェックしてみてください。

コンピューターベースIELTS:スピーキング

スピーキングにおいては従来のIELTSと全く同じになります。

しかし、コンピューターベースIELTSの申込みをする際に希望の時間を選択することができます。

maruのアイコン画像maru

待ち時間を作りたくないなら早めに予約しておきましょう。早い時間はすぐに埋まります。

コンピューターベースのIELTSを受けるメリット・デメリット

実際にコンピューターベースのIELTSを過去6回受けた僕が思うメリット・デメリットは以下のとおりです。

メリット
  • リスニングが聞きやすい
  • コピペが便利
  • ライティングの文字数カウント
  • メモが取れる
  • 席が区切られているので集中できる
  • 文字の綺麗さを気にしなくてOK

リスニングが聞きやすい

コンピューターでのIELTSリスニングはヘッドフォンで行うので、かなりクリアに音を聞き取れます。

従来のテストだと音がこもって聞こえたり、スピーカーの位置が遠かったりで個人的にはかなり苦手意識がありました。

しかしコンピューターベースのIELTSに変えた瞬間に1.0上がりました。マジです。

他の受験者の雑音なども聞こえてこないのでかなり集中できます。

スピーカーとヘッドフォンで一度問題を解いてみるとその差がわかるかと思います。

コピペが便利

リーディングやライティングではコピペを使用することができます。

この機能のおかげで以下の点が特に助かりました。

  • スペルミスを気にしなくていい
  • ブレインストーミングでのアイデアをそのままコピペできる
  • ライティングでの調整(消す、付け足す)が楽になる

従来のテストだと、消しゴムで消して付け足して…というので煩わしさを感じていました。

しかしコンピューターだと一瞬で構成なども変更可能です。

リーディングでの解答を問題文から拾ってくるのも一瞬で正確にできるので時間の短縮になります。

ライティングの文字数カウント

従来の方法だと、一行での文字数×行数でおおよその文字数をカウントし、念のために少し多いかなくらいの文字数で仕上げていました。

この方法だと文字数に気を取られ、余分に書くことで減点のリスクがあがります。

自動で文字数をカウントしてくれることによって、回りくどい表現を使って文字数を気にする必要がなくなりました。

メモが取れる

初めてコンピューターベースのIELTSを受ける際に、全てオンタイムでタイピングしないといけないと思っていました。

しかし各テストの前にはメモ用紙と鉛筆が配られるので従来のように紙に答えをメモしながら進めていくことができます。

主に使うのはリスニングかと思いますが、タイピングが苦手な受験生に取っては大きなメリットになります。

席の配置が集中できる

席と席の間が区切られており、周りの受験生が目に入ってくることがありません。

テストを受けているとまるで個室で受けているかのごとく集中できます。

文字の綺麗さが関係ない

個人的にこれが一番ありがたかったと思います。

フィリピン留学をしていた際に

先生のアイコン画像先生

お前の字は汚くて読む気にならない。

と真顔で度々注意されていまして、文字と間隔が綺麗に統一されているコンピューターによって僕のライティングスコアは1.0は上がったかと思います。嘘です。

しかし実際に読める文字を書くというのは基本でして、読めない字でライティングを仕上げると減点になります。

デメリット
  • リスニング問題の間に十分な時間がない
  • 問題用紙に書き込めない
  • タイピングが苦手な人には時間が足りなくなる
  • 試験会場が少ない
  • タイピングの音に焦る

解答書き写し時間がない

従来のリスニングパートだと次の問題に移る前に充分な時間があり、問題に目を通すことが可能でした。

そして最後に解答を解答用紙に記入という作戦が通じました。

しかしコンピューターベースのIELTSでは最後に解答用紙に書くという作戦が通じません。

問題が終わるたびに超速で解答をタイピングしないといけないので、次の問題に対する下読みが難しくなります。

maruのアイコン画像maru

オンタイムでタイピングできる人にとっては問題ないですね

問題用紙に書き込めない

右クリックでハイライトはつけることができるのですが、アンダーラインを引いたりスラッシュリーディングなどをすることができません。

リーディングをテクニック(スキミング&スキャンニング)で解いていた人には厳しいかと思います。

従来のリーディング以上に内容を理解し、解いていくことが要求されたように感じます。

タイピングが苦手な人は不利

そもそもコンピューターに強くない人や、タイピングが遅い人にとっては時間がネックになります。

maruのアイコン画像maru

僕はタイピング激遅なので、事前にライティングをパソコンで100個程解いて強制的に慣れさせました。

日本語でタイピングをするのと違い、Q, F, V, L, Cなどの使い慣れないキーボードを使うことになるので最初は打ち間違いが多いです。

試験会場が少ない

従来のIELTSは全国10箇所から受験者に近い会場を選ぶことができますが、コンピューターベースのIELTSでは東京・大阪・京都の3箇所での開催になります。

詳しい試験会場は公式ホームページからご確認ください。

タイピングの音にビビる

ライティングパートでは始まった直後の30秒ほどは静寂な時が会場を優しく包み込みます。

しかしその直後、もの凄い轟音と共に受験生が一斉にタイピングを始めていきます。

maruのアイコン画像maru

え、ちょ、まだ問題読んでますけど…

と焦らされます。

そして終盤の3分ほどは僕だけがキーボードを打ち込んでおり、少し恥ずかしくなりました。

タイピングのスピードに問題がない人にとってはデメリットにはなりませんね。

最後に:コンピューターでのIELTSに向いている人

従来のIELTSとコンピューターベースのIELTSの違いは分かったでしょうか?

この記事のまとめとして、コンピューターベースのIELTSをオススメできる人は以下のような人です。

  • IELTSの提出期限がもうすぐ
  • リスニングをヘッドフォンでやりたい
  • 週末に受験するのが難しい

以下の記事も参考にするとIELTSのハードルがグッと下がります。

>> IELTSスピーキングの対策とコツ

>> 暗記のIELTSスピーキングは失敗します

>> おすすめIELTSアプリ10選

>> おすすめIELTS参考書6選

今回は以上です。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる