看護師は転職する時期を見極めないと損するよって話。【ベストな時期と経験年数とは】

看護師のアイコン画像看護師

今の病院疲れちゃったしもう仕事変えたいんだけど、看護師の転職って時期によって何か変わるものなの?

pokoのアイコン画像poko

そうだね、転職って実は時期によっては不利になったりするんだ。需要がない時に職場を変えない方が良いかも。

この記事はこんな人にオススメ

転職のベストな時期やタイミングが知りたい人

転職したいけど何月がいいの?

転職するのは勤務年数関係ある?

どういうタイミングで転職したらいいんだろう?

転職するにはどのくらいの期間必要?

この記事を読み始める前に

転職する時期は人それぞれ。自分にあった時期を見つけないと

  • ボーナスがもらえない
  • 引き止めにあって辞めたい時期に辞められない
  • 自分が希望する条件の病院が見つからない
  • せっかく転職したのに新しい職場に馴染めない

というような問題が起きてしまいます。

せっかくの転職がこんなはずじゃなかった…とならないために自分にあった転職の時期を選びましょう。

この記事を読むことで看護師の転職に適した時期【季節・経験年数】が分かるようになり、転職成功の確率がグッとあがります。

目次

看護師が転職する時期はいつがベスト?

pokoのアイコン画像poko

1月3月7月で辞めて、4月10月に入職しよう!

転職において重要な要素の1つとなるのが転職の時期です。

看護師の求人は他の職に比べて1年中募集がありますが、病院の忙しさやイベントによって求人数や職場の雰囲気は変わります。

ここでは1年を通しての転職に最適な時期おすすめできない月を見ていきます。

転職するなら自分にとってベストな時期に転職したいし、辞めることで周りに迷惑かけたくないですよね。

pokoのアイコン画像poko

分かりやすいように病院のイベント求人の関係を表にまとめてみたよ

転職にベストな時期

4月と10月

4月入職は経験が浅めの人におすすめ

新人も多いので一緒に研修を受けれる可能性があり、職場に1番馴染みやすい時期です。

10月入職はある程度のスキルがある人からベテラン向け

異動により人員が確保されているのでトレーニングが受けやすい状況でもある。

年末の忙しい時期に向けて即戦力が求められるが慣れるまでには十分な時間あり。

病院を辞めるならこの時期を狙う

1月、3月、7月

1月と7月はボーナスの後なので損したと感じることなく辞めることがでます。

3月は退職者が比較的多いので目立つことが少ないので余計な詮索されることなく辞めれます。

企業の人事は退職者が増えることを見越して来年度の人事を構成するので引き止められにくい。

会社が経営状況や本人の評価によって額を決定するためボーナス支給日前に退職の意向を伝えるとボーナスを満額もらえないことも

転職するとキツイ時期

5月、8月、12月、3月

5月はゴールデンウィークで休暇を取りたい人がいる上に新人がまだ一人立ちしていない時期。人手不足になりやすいのでこの時期に入職すると即戦力としていきなり投入されます。

8月は夏休みやお盆休みによって、家族がいる人や実家が遠方で帰省したい人は長期休暇を取るために人手不足になってます。

12月も年末年始があるので夏休みの時と同じく、人手不足になります。

3月は1年の中で1番退職者が多いのでこの時期の病棟は引継ぎでバタバタしているためこの時期の入職は大変かも。

看護師の求人が増える時期

1〜2月と6〜7月

1月、2月は新年度である4月に向けて大量に求人が出回る時期になります。

また6月・7月はボーナス後の退職者によって人手が足りない状況になっており、下半期開始にあたる10月に向けて出される求人が多くなります。

求人数が減る時期

3月、4月、10月

求人が増える時期で説明した通り、職員が必要な時期(4月、10月)に向けて求人を出すので新入社員や移動で人員が補充された月には求人が減ります。

年度末にあたる3月は新年度に向けてどこの病院もすでに十分な職員を確保しています。3月にある求人は欠員補充のためであることも少なくありません。

ベストな転職の為に避けるべきコト

現在いる職場になるべく迷惑をかけたくないのであれば次の状況は避けたほうが無難でしょう。

  • 産休や育休に入る人がいる
  • 看護研究や委員会の途中

産休や育休は職場内で事前にアナウンスされることが多いので、後から同じ時期に退職しようとすると手薄にならないために師長さんから引き止められる可能性が出てきます。

看護研究や委員会の途中である場合は後任を見つけ引きつぐ必要があります。やむを得ない事情でない限りよく思わない人が出てきて退職までの勤務を快適に過ごすことが難しくなります。

診療科によっては特定の時期に治療や検査の予定が立て込んでいる場合があるので自分のいる診療科の傾向もふまえたほうがいいですね。

pokoのアイコン画像poko

血液科は化学療法のスケジュール的に長期休暇前が忙しいけど、小児科は休み中に予定検査や手術が入るもんね。

勤務年数による転職の時期

看護師のアイコン画像看護師

転職するのに向いている月はわかったんだけど、経験年数が浅いとやっぱり転職は不利なの?

pokoのアイコン画像poko

そんなことないよ!経験年数が浅くても、ベテランさんでもそれぞれの持ち味を活かして転職することができるよ!

採用者は以下の視点で採用する人を考えます。

  1. 順応性:職場に馴染むことはできるか
  2. 即戦力:業務をこなす力はあるか
  3. 定着率:長期間働いてくれるか
  4. コスト:教育や給料にかかる費用

では経験年数別に見ていきましょう。

経験の浅い看護師1〜2年目

第二新卒を狙いましょう!

第二新卒とは一般的に学校を卒業して3年までの間に転職をする人、または25歳以下で転職する人のことを指します。

看護師1年目は理想と現実のギャップで精神的にも肉体的にもつらい時期。

2年目になっても自分自身の成長に悩んだり、周りとの差に悩まされる時期でもあります。

採用者から見た評価
順応性前の職場での規則やケアに違いがあってもすぐに適応してくれる
即戦力✖️すぐに任せられるほどのスキルや経験はない
定着率✖️早い段階で退職しているので忍耐力はかけているかもしれない
コスト初歩的な研修は終えていることが多く新人に比べ研修にかかる時間や費用が削減できる

すぐに1人前として任せられないというデメリットが採用側にはありますが、伸びしろが多く型にはまっていない柔軟性が1、2年目を雇うことのメリットと捉えられます。

第二新卒を募集している職場は経験の浅いうちに辞めた人を雇うことが前提なので、一般求人に応募するよりも短期で退職してしまったというマイナス面の評価は軽くなります。

求人数や競争率から考えると不利に思える部分もありますが、あまりにもひどい環境(いじめなどにより精神状態に影響が出ているなど)ならすぐに転職に向けて行動することをおすすめします。

体調を崩したりもう看護師として働けないくらいのトラウマになっては手遅れです。

自分で考えて行動できる看護師3〜5年目

自分の希望に合った職場を狙いましょう!

ある程度の業務ができるようになり、他の分野や働き方に興味が出てくる時期。

また、同期や友達でも転職や退職する人が増えてくるので自分はこのままでいいのかと悩む時期ですね。

採用者から見た評価
順応性自分のやり方が確立されてきている時期ではあるが新しいやり方を取り入れて職場の向上を期待する
即戦力基礎は完璧である程度の問題解決もできるので即戦力として働いて欲しい
定着率ある程度は勤続すると考えているが数年後にライフプランやキャリアアップでの転職が考えられる
コスト研修コストはかからず基本給が跳ね上がるほどの経験年数ではない

看護師3~5年目は看護業務全般の基礎ができており、夜勤もこなせると評価されているので病院にとってはありがたい人材です。

一定の職場に応募する際の規定で3年以上などと定められている場合もあり、1人前の看護師としての一つの指標となる段階。

自分の希望する勤務形態や新しい分野に挑戦したいという場合には、看護師3~5年目の時期が需要が高く、求人も多いのでおすすめ。

看護師6年目以降のベストな転職時期

ライフスタイルに合った職場を狙いましょう!

  • 今後のライフプランを考えたい
  • もっとキャリアアップしたい
  • 業務上の負担が増えて夜勤も辛くなってきた

看護師6年目以降は様々な事情で転職を決断する人が多いです。

pokoのアイコン画像poko

いつまでも仕事ばっかやってらんない!

採用者から見た評価
順応性✖️前の病院の方法や自分なりの考え方を持っている人が多く扱いづらい場合もある
即戦力すぐにでも業務を任せられる
定着率年齢的に結婚や出産で退職や休職が懸念される
コスト経験年数をふまえた給与を支払う

自立していて即戦力であり、採用者はリーダーや教育係を任せられる希望を持っています。病院の雰囲気やキャラクターによっては少々扱いづらいなーと思われるかもしれませんが、経験とスキルでカバーできます。

今後の結婚や出産の予定を考えて自分のライフスタイル重視の職場を選ぶか希望する分野でのキャリアアップや年収アップを目指した転職ができます。

この6年目以降の時期になってくると幅広い選択ができますね!

看護師の転職時期は人生設計で考える

就職後の人生設計の中には結婚・出産・住宅の購入などのイベントが考えられます。

pokoのアイコン画像poko

転職の時期を間違えると結婚・出産・住宅に大きな影響が出ちゃうよ!

看護師の転職は結婚後が◎

結婚を控えているなら転職は結婚後にしましょう。

結婚する前には結婚後の生活が具体的にイメージできなかったり、パートナーの仕事に関係する転勤、家族計画の変更によって勤務形態を変えたい、育児に専念したいなどのように考えが変化する場合があります。

結婚前に転職をしてしまうと結婚後に状況が変わってこんなはずじゃなかった、やっぱり辞めたいなど失敗する場合があります。

なので一度落ち着いてからパートナーと話し合って転職するほうが、自分の希望する就職先で働くことができるでしょう。

pokoのアイコン画像poko

今働いているところで勤務形態を変えれないか相談したら融通効くところもあるし、落ち着いてから転職したほうがストレスも少なくて済むよね。

転職の時期は出産後に

出産を予定している場合の転職は出産後がベター

使用者は、6週間(多胎妊娠の場合にあっては、14週間)以内に出産する予定の女性が休業を請求した場合においては、その者を就業させてはならない。

使用者は、産後8週間を経過しない女性を就業させてはならない。ただし、産後6週間を経過した女性が請求した場合において、その者について医師が支障がないと認めた業務に着かせることは、差し支えない。

労働基準法第65条 第1項、第2項
看護師のアイコン画像看護師

ちょっと難しいな…簡単に説明して

つまり、会社は

  • 出産予定日から逆算して6週間以内に申請した人には産休を与えなきゃいけない
  • 出産してから8週間は誰にでも申請なしで産休を与えなければいけない

と法律で決められているのです。

会社は妊娠や出産やそれに関わる休暇によって解雇したり不当に扱うことも禁止されています。

看護師のアイコン画像看護師

じゃあ転職してすぐ産休・育休取っちゃおう!

pokoのアイコン画像poko

ちょっと待って!育休が取れない場合もあるの!

労使協定によっては育児休暇が取れない?

基本的に正社員として雇用された場合は転職後1年未満であっても育児休暇を取ることができます。しかし非正規雇用者として採用された場合労使協定に記載されている場合は入社から1年未満の人の育児休暇を拒否することができるのです。

労使協定とは雇う人(会社)と雇われる人(社員)との間で結ばれた取り決めで法律の例外もあるよっていう書類です。

出産を控えている人は確認必須!

転職は住宅の購入前!

住宅の購入を考えている場合は転職前にしましょう。

pokoのアイコン画像poko

転職直後は住宅ローンが組みづらいんだって

住宅を購入する際に住宅ローンを組む人がほとんどだと思いますが、ローンを組む前には審査があります。その時の審査項目として重要視される項目の一つが勤続年数です。

勤続年数からはローンを組もうとしている人が安定した収入を得られるのかどうかということつまり返済能力を査定されます。

転職直後は収入が不安定であると判断されやすく、中には融資の条件で勤続年数2年以上と設定されていることもあり、特に厳しくチェックされる可能性があるので気をつける必要があります。

収入アップのための転職で実際に収入がアップした場合にはローン審査に通過する場合もあります。

転職するのに必要な期間

最低でも2ヶ月は転職の準備期間にあてる

自分の転職したい時期を考えた時、実際にいつから行動を起こす必要があるのか?という疑問が出てきます。

法律上では退職希望日の14日前に伝えればokとされていますが。働いている場所によっては業務引き継ぎの観点から退職日の1ヶ月前までに伝えなければならないと就業規則明記されている場合もあるので確認しましょう。

いつ辞めたいかということよりも、いつから次の職場で働き始めたいかをを目安に逆算して転職プランを考える必要がありますね。

転職をするまでには8つのステップがあります

  1. 転職先で働き始めたい時期を決定
  2. 入職時期や希望をふまえて情報収集開始
  3. 応募用の書類や履歴書作成
  4. 希望する企業や病院へ応募
  5. 書類審査通過したら面接 
  6. 新しい職場からの内定
  7. 現職の引継ぎ
  8. 退職

看護師は他の職種に比べて短い期間で転職ができる

他職種では面接が1次、2次のように何段階かあったり特定の時期にしか求人がないため希望の時期に転職できずに転職活動が長引いてしまうこともあります。

しかし看護師の場合、情報収集段階から内定まで最短3週間で終えるという人も中にはいます。

pokoのアイコン画像poko

早ければ書類選考から面接して内定が出るまで1週間って人もいたよ。

しかしこれらは強運や転職慣れしている人ができることで、みんなに当てはまるわけではないです。

急いでしまえばそれだけ転職が失敗してしまう可能性も高くなるので気を付けましょうね。

あわせて読みたい
看護師で転職に失敗するのはこんな人!転職経験者が失敗しない6つの方法教えます
看護師で転職に失敗するのはこんな人!転職経験者が失敗しない6つの方法教えますこんな疑問を解決!看護師が転職に失敗するのはどうして?もし転職に失敗したらどうしたらいい?転職で失敗しない方法はある?看護師転職サイトを使えば失敗しないの?...

初めて転職する人やじっくり考えたい場合は2ヶ月以上できれば3ヶ月くらいの余裕を持っておくのがベスト!

最後に:看護師が転職の時期を見極めて成功させる方法

pokoのアイコン画像poko

転職をするには転職サイトを使うのが1番だよ!

  • 効率よく転職を成功させる近道は転職のプロたちがサポートしてくれる
  • 転職サイトはハロワより求人数が多いしサポートもしっかりしてるから無駄な時間が省ける
  • 自分の希望や転職時期に合わせて転職できる

就業規則を守っていればいつ退職しても基本問題はありませんが、職場を辞めるということは少なからず誰かしらには迷惑はかかります。

しかしそれ以前に人生はあなたのものです。

誰のために働いているのか、何の目的で働いているのか今一度考え直して自分の人生をよりよくしましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる