【QQEnglishオンライン】英語学習に300万以上費やした私の最強活用法

pokoのアイコン画像poko

本当にこのオンライン英会話って効果があるのかな

オンライン英会話を選ぶ際、誰もが必ず思うはず。

安くはないお金と貴重な時間を犠牲にするんですから当たり前ですよね。

でも、はっきり言います。

効果があるかないかは自分の勉強方法で変えられます。

そして自分に合ったオンライン英会話を探すのではなく、あなたが合わせられるコスパ最高なオンライン英会話を探すことが英語上達の最善策です。

そのコスパ最高なオンライン英会話がQQEnglish

この記事では、QQEnglishでオンライン英会話を学習するメリットやデメリット、QQ Englishを使った効果的な学習法を紹介しています、

業界最安水準を誇るQQEnglishはあなたにとって、最高の英語学習ツールになり得ますよ!

目次

QQEnglishの特徴まとめ

●QQEnglishは月額3,680円~という業界最安水準でオンライン英会話受講可能。

●講師は全員フィリピン人で、フィリピン留学などによくあるパートタイム、アルバイトではなく、正社員雇用。全員がTESOLを保有するプロ講師。

●他社のオンライン英会話のような不安定な通信環境ではなく、講師全員がオフィス勤務で安定したレッスン環境

カランメソッド正式認定校で、質の良いカランのレッスン受けることが可能。

●各レッスン予約制。好きな先生を指名することもできますし、英語学習をしっかりと予定立てて考えることができます。

無料体験レッスンが2回受けられる!

レッスン形式マンツーマン
難易度初級~中級
講師の国籍フィリピン
支払いPaypalを使ったクレジット決済
必要なモノスマホ or パソコン

こんな人にオススメ

  • 英語を勉強し始めた
  • 自分で単語を覚えたりできるが、英語を話す機会がない
  • 接客などの仕事で多少英語を使う必要がある
  • ワーホリ・留学前の英語に対する恐怖を克服したい
  • フィリピン留学を終えた後にも定期的に話す機会が欲しい
  • とりあえず料金を抑えて英語に触れてみたい人

\レッスン2回が無料/

QQEnglishの料金は4種類

QQEnglishの料金は4種類で、ポイント制。

月額料金によって付与されるポイントが変わります。

※1回あたりの金額は50ポイントの講師のレッスンを受講した場合

月4回コース
(キッズ向け)
月8回コース月16回コース月30回コース
月額1,980円3,685円6,680円9.680円
ポイント200 pt400 pt800 pt1500 pt
1回あたり495円460円417円322円

ポイントは、レッスンを受講するために必要で、レッスンを受け持ってもらう講師のレベルによって50、75、100ポイントに分かれています。

  • 50ポイント:一般講師
  • 75ポイント:質の良いレッスンを提供している人気講師
  • 100ポイント:他の講師を指導するベテラン講師

業界最安水準と掲げているだけあって、やはり圧倒的安さ。月30回コースは1か月で約1万円ですが、

pokoのアイコン画像poko

一回当たりのレッスン料金で見てみるとおにぎり2つとお茶を買うよりも安い!

※月16回と月30回コースだと月8回コースに比べてそれぞれ10%、30%お得になります。

QQEnglishのメリット

料金に注目しがちですが、QQEnglishには他にもたくさんの注目すべきメリットがあります。

講師達は全員厳選された正社員

私は過去にフィリピン留学を計8カ月経験していますが、その間にたくさんの先生を見てきました。

基本的にフィリピンの先生はとてもまじめな人が多いのですが、雇用タイプによって各先生のモチベーションが大きく変わります。

アルバイト講師

とりあえずお金を稼ぐことが一番の目的なので、月給制のフィリピンでは出勤するだけでお金が貰える。もちろん勤務態度によってクビになったりするが、その場合はすぐに次の職を探し始める。基本的に英語教師という仕事に対して情熱を持っているようには見えない。

pokoのアイコン画像poko

私が今までに見た中で一番最悪だったアルバイトの先生は、一切教科書などを持たないでひたすら自分の身の上話をする先生。私は勉強したいのにどうでもいい世間話が続く。しかも私の英語の基礎能力が無い為に会話にならない。The ストレス。

パート雇用講師

お母さん先生や定年退職をした元講師が多い。フィリピンというお国柄、急に早退することもよくあるので指名をしたとしても今日はいないという状況に多々遭遇。誰でも構わないのであればパートの先生を日替わりで変えて行くというのもアリだが、長期間安定して同じ先生に教わりたいのであれば向かない。

pokoのアイコン画像poko

フィリピンの学校ではよく先生たちが辞めたり入ってきたりします。特にパートの先生に多い印象です。

正社員講師

一番安定して長いお付き合いができる先生です。正社員講師は英語に対して情熱を持っている方が非常に多く、資格対策コースに昇格するなどのキャリアアップを意識している講師が多いです。常に英語や英語教育に対して勉強を続けている人がほとんどなので、生徒の癖や苦手なポイントを理解した上で教えてくれます。

講師は全員オフィスに出勤

他のオンライン英会話のように先生の自宅から授業をするわけではありません。この形態の場合は24時間受講できるというメリットもありますが、先生の自宅のインターネット環境が遅いとラグができるのでストレスが溜まります。

しかしQQEnglishは24時間ではないものの、光回線を引いているオフィス+【classroom】という独自の通信ツールによって常に安定したスピードで授業を受けることが可能です。

講師が全員フィリピン人であるという事

これを言うとん?と思う人もいるでしょう。絶対にネイティブの方がいいでしょ!と。

ネイティブの先生が一番発音は綺麗ですし、文法的におかしいという事もほぼないでしょう。

しかし英語が母国語=教えるのが上手いという事にはなりません。

どの国の言葉でも訛りはありますし、発音も地域によって変わります。

そもそも英語を使っている割合は非ネイティブの方が多いのです。

完璧な発音で話すことよりも、自分の意思を伝えることの方が大切になります。

オンライン英会話の中には英語が母国語だからという理由で講師をやっている人も多くいます。

いくら発音が綺麗だとしても、なぜこの生徒は伸びないのかという事に対してアプローチできる人は多くいません。これができる人は英語を教える勉強をしている人です。

QQEnglishの先生は全員TESOLという外国人に英語を教える国際資格を持っています。そしてネイティブではないからこそ英語学習者の悩みや伸びるためのヒントを与えることができます。

maruのアイコン画像maru

フィリピンという国が英語圏の国を抑え、世界で一番ビジネス英語において優秀なんだよ!オンライン英会話で英語を身につけるならネイティブにこだわる必要はなし!

QQEnglishのデメリットはカランメソッド?

QQEnglishではカランメソッドの正式認定校でもあり、質の良いカランのレッスンを受けることができます。

カランメソッドとは英語を英語で理解するためのトレーニング方法です。通常の何倍も速いスピードで先生が話しかけてきます。それに対して瞬時に文章を繰り返したり答えたりします。英語を日本語で理解する事を失くす目的なので、実践での会話もテンポよくなったりリスニング能力も大幅にアップします。

カランメソッドを教えることのできる講師は、カラン本校のトレーニングを受講済みで質の良いレッスンを提供しています。

pokoのアイコン画像poko

じゃあなんでデメリットに??

このカランメソッドがデメリットになる理由は料金です。

業界最安値が売りのQQEnglishですが、カランメソッドエキスパート講師が教える『カランメソッドハードコア』や『TOEIC』『IELTS』などのカリキュラムはポイント加算カリキュラムといって、講師ポイントに加えて25分あたり25ポイントが加算されるからです。

例えば、月額3,680円(保有400ポイント)のコースの場合、ポイント加算カリキュラムは1レッスン75ポイント(カリキュラムの25P+教師ポイント50P)必要なので5回しか受講できません

pokoのアイコン画像poko

1回あたりのレッスンが700円。ちょっと高い…。

でも安心してください!

もし、月額9,680円(保有ポイント1,500)のコースであれば、1ヶ月20回のレッスンが受講でき、1レッスンあたり484円

これなら、QQEnglishの特徴である低価格で質の良い授業が受けられます。

QQEnglishのメリットは英語学習者に対してのコスパの良さ。

料金の仕組みを理解していないと、他のオンライン英会話で受講するよりも高くなってしまう可能性があるので注意しなければなりません。

maruのアイコン画像maru

試験対策をQQENGLISHでするならたくさん受けたほうがお得ってことだね!

QQEnlishの魅力を最大限に引き出し、効率よく使う方法

オンライン英会話を始めようか悩んでいる or どんな学習方法がもっとも効果的なのか分からないあなたに!

具体的にどのようにQQEnglishを英語学習に活用して行けば良いのかお伝えします。

率直に言うとQQEnglishの良さは料金の安さと英語学習ハードルの低さです。

まずはどれだけ安いのか、その他のオンライン英会話と料金を比べます。すると

オンライン英会話1か月の値段
QQEnglish (月8回コース)3,680円
ネイティブキャンプ (毎日可能)6,480円
DMM英会話 (毎日可能)5,980円

QQEnglishは他社のオンライン英会話に比べてかなり安い事が分かります。

月に8回という受講制限は、たくさんレッスンを受けられるオンライン英会話と比べると劣っている感じがします。

pokoのアイコン画像poko

焼肉食べ放題か普通の焼き肉屋みたいな違いかな。でも焼肉はたまに食べるからいいんだよな。

ここで疑問になるのが

受講回数無制限と制限ありどちらがいいのか

ということですね。

恐らくは多くの人が無制限を選びます。

無制限の方がより多くの英語と触れ合うことができますし、採算が取れるという観点で満足感がいいのも事実です。

しかし、

毎日英語漬けになれる覚悟はありますか?

内容の濃い勉強を毎日できますか

毎日焼肉食べれますか?

オンライン英語を始めようか悩んでいる人にとって一番大事なのが、効率

英語はただ聞き流すだけ、話すだけでは絶対に上達しません

インプット(覚える事)アウトプット(使う事)のバランスがうまくいった際に初めて単語を覚えれたり、難しいフレーズを使いこなせたりします。

特に英語学習を始めたばかりの人に大事なのはインプット(覚える事)です。

毎日オンライン英会話をするという事はインプット不足になり、初心者の方にとっては、お金だけたくさん払って学習効率が悪くなったり、挫折する原因にもなり得ます。

maruのアイコン画像maru

アウトプットには最適なオンライン英会話だけど、初心者にとっては月に8回の授業つまり1週間に2回の授業は、バランスよく効率的に英語を上達させる回数ですね!

圧倒的低価格で英語上達する具体的な方法

QQEnglishを使ったから3か月で外国人とペラペラ話すことができるかと言われたら、答えはNO。

QQEnglishを使って効果を実感できる人は

  • 英語を勉強し始めた人
  • ある程度勉強しているけど話すときに詰まってしまう

つまりビギナーです。ここではビギナーの人が利用することを想定して説明していきます。

QQEnglishを最大限に効率よく使うのであれば、まず最初にあなたのゴールを設定します。

このゴールは高すぎても低すぎてもダメです。ちょっと頑張れば私にも出来そう…くらいのレベルに設定しましょう。

理想的なゴール
  • 接客中に外国人のお客様が何を伝えようとしているのか分かるようになりたい
  • ネイティブの友達を作って会話を途切れさせないようにしたい
  • 自分の考えを相手に伝えたい
  • テストの為に高校レベルまでの単語を覚えたい

自分の理想のゴールが作れたらさっそくQQEnglishを活用していきます。

平日は記憶し・週末は答え合わせ

基本的にQQEnglishは週に2回、覚えた単語やフレーズを試す場として活用します。

それ以外の週5日はひたすら単語やフレーズを覚えていきます。

※適当な教材が無ければQQEnglishでも教材が無料でダウンロードできるのでオススメ。

5日のうち4日は単語帳を隅から隅まで舐めまわすように覚え、残りの1日でQQEnglishで講師と実際に話すための下準備をします。

QQEnglish 1週間のTo Doリスト
1日目単語帳をひたすら暗記
2日目
3日目
4日目
5日目覚えた単語やフレーズを使って授業で使うフレーズを組み立てる
6日目組み立てたフレーズを使って答え合わせ
7日目もう一度組み立てたフレーズを使って記憶に定着させる

1~4日目

単語帳をすべて覚える必要はありません。

4日間で5ページ分だけを完璧に覚える!という感じで暗記していきます。しかし本当に英語を上達させたいのであれば1日10分や30分でははっきり言って無駄です。最低でも一日1時間はただひたすらに記憶することに没頭します。

覚えるページ数は少なくても大丈夫ですが、大事なのは5ページに載っている情報全て(アクセントや意味、同義語や対義語)を暗記するつもりでやるという事。その時に必ず単語帳に例文がついている物を使います。

例文も一緒に覚えることで実際にQQEnglishのオンライン英会話で使うことができます。5ページが多いと感じたら3ページでも1ページでも構いません。

例文に注目してただひたすら暗記していきます。

5日目

4日目までに覚えた英単語をつかって例文を考えていきます。

4日目までに覚えた単語・例文

travel around – あちこちを旅行する

taste funny – 変な味がする

spend money on food – 食べ物にお金を費やす

pay $100 – 100ドルを支払う

単語帳の例文を使って自分オリジナルの文章を作ります。慣れていないうちは一文のみを作ります

単文を作る

If I have a time,I want to travel around. – 時間があればあちこち旅行したいな。

This Sushi tastes funny. – この寿司変な味がする。

I often spend money on food. – 私はよく食べ物にお金を使うよ。

He paid 1000 yen for the Sushi. – 彼はその寿司に1000円払った。

英語を話すことに慣れていない人は、この作った4文を100回音読します。音読する事で口が英語を話すときの筋肉に慣れるので、急に話を投げられても瞬時に文を伝えられます。

次に短文だけでは物足りないという方。できればここまでやった方がいいです。

単文を組み合わせて文章を作る

If I have a time, I want to travel around because I like eating and I often spend money on food.Yesterday,my boyfriend and I was in Sushi restaurant,but Tuna Sushi tasted funny.Although it was disgusting,he paid 1000 yen.

もし時間があれば旅行したいです。なぜなら食べる事が好きだしよく食べ物にお金を使うからです。昨日私と彼氏はお寿司屋さんにいましたが、マグロの味が変な味でした。凄く嫌だったけど彼はその寿司に対して1000円払いましたよ。

どうでしょうか。たった1ページからこれだけの文章を作ることができます。

例文の作り方をもっと知りたい方はこちらもどうぞ。

あわせて読みたい
IELTSスピーキングのコツはまるで魔法の様な英語勉強方法でした。
IELTSスピーキングのコツはまるで魔法の様な英語勉強方法でした。それはスピーキングが悪いのではなく、スピーキングをする前の準備不足が原因でもあります。この記事を読むことで様々なトピックに絡めたスピーキングができるようにな...

5日目はただこの例文か文章を音読することに費やします。

6日目・7日目

ここでやっとQQEnglishの出番です。5日目に音読して覚えた文章を実際に使いましょう。

もし文章や細かい文法を間違えても大丈夫。間違いを直すのはQQEnglishのプロの先生達にお願いしましょう。

さらに、オンライン英会話を受ける際に気を付けたほうが良いことは

  • 平日に覚えた単語を優先的に使う
  • 先生との世間話はしない
  • 先生からの質問1に対して10返す

この3つを意識することでQQEnglishはよりコスパ最高なオンライン英会話になります!

英語学習においては間違える事を恐れるよりも、しっかりと自信を持って話すことが一番大事です。

そして何よりも英語を使ってコミュニケーションを取る楽しさを体験してみてください。

maruのアイコン画像maru

きっとあなたの覚えた例文は7日目が終わった後にあなたのモノになるはずです!

QQEnglishの無料体験方法を画像付きで解説

無料体験は以下の5つの手順で完了!

5分程度で簡単にできますよ。

STEP 1【QQ English】にアクセスします。

STEP 2:トップページの無料体験をクリック。

STEP 3:メールアドレスと任意のパスワードを入力して次へを押します。

STEP 4:仮登録したメールアドレスに来たURLからアクセスし必須項目を入力します。

これで無料登録は完了です。

STEP 5 さっそく無料体験レッスンを予約してみましょう。希望の日にちと時間を選んで予約すると…

無事予約が完了しました!

自分の予約はトップページやマイレッスンから確認できます。

pokoのアイコン画像poko

クレジットカードの登録は一切ないので安心して体験レッスンを受けられるね!

最後に:QQEnglishはコスパ最高のオンライン英会話

QQEnglishのオンライン英会話について紹介してきました。

ポイント制の料金体系は少しわかりにくいですが、質の良い授業を低価格で受けられることがQQEnglish最大のおすすめポイントです。

  • これからワーホリを考えている人や英語勉強を始めようという人
  • 流暢に英語を喋れるようになりたいという人

にとっては最高の選択肢の一つとして考えていいと思います。

pokoのアイコン画像poko

QQEnglishで英語学習して1つ上のステップに上がりましょう!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる