カランメソッドとは?初心者向けってホント?【メリット・デメリットも解説】

POKO

カランメソッドって何?どんな学習法?4分の1の時間で上達するってほんと?もしかして魔法??

MARU

英語学習に魔法は存在しないけど、カランメソッドは一定の人に効果的だよ!

文法が苦手で自分の話す英語に自信が無い、オンライン英会話では話題に困ってしまう、英語学習を始めたけど話すことが苦手…。

そんなあなたには、苦手を克服しながら、短期間で英語脳を養う英語学習の方法、カランメソッドがおすすめ!

この記事では、カランメソッドを試してみたいと思っている方に、メリットやデメリット、初心者におすすめする理由を解説しています。

それでは、英語学習者なら一度は試す価値のあるカランメソッドについて見ていきましょう!

目次

カランメソッドとは

カランメソッドとは、リスニングとスピーキングのスキルを向上させることに焦点を当てた、初心者向けの英語学習法です。

テンポの速い質問を聞き取り、正しい英文法で瞬時に返答するトレーニングを行います。

カランメソッドの一般英語コースは12のレベル(1~12のステージ)に分けられ、カラン認定学校と登録講師のみが教える事が可能。

英語学習初心者から上級者まで対応しているので、あなたに適したレベルから学習を始める事ができます。

MARU

1960年にイギリスで誕生して以来、短期間で効果的に英語を身につけるための学習法として世界中の語学学校で取り入れられているよ!

カランメソッドの特徴

カランメソッドのレッスンは、一般的な英語のレッスンに比べて講師の話す速度が速いという特徴があります。

ネイティブは1分間に150~180単語のスピードで話しますが、カランメソッドのコースでは、1分間に200~230単語のスピードで話すことになっています。

話すスピードが速いことによって授業を受ける生徒は集中して聞く事が必要になり、リスニング力アップにつながります。

また、生徒側の解答が決まっていることもカランメソッドのレッスンの特徴です。

カランのレッスンでは、講師の質問に対して、聞かれた質問と同じ文法構造で瞬時に答えなければなりません。

間違った文法や発音で回答すると、その都度講師が指摘し、正しい文を言い直す必要があります。

これを繰り返すことで、日本語で考えてしまう時間をなくし、英語で質問されたら反射的に英語で返答できる「英語脳」を形成します。

POKO

速いスピードに慣れることができ、正しい英文法で答えるよう矯正される訳だね!

カランメソッドの進み方

カランメソッドがどのように進むのかは動画を見るのが一番わかりやすいかと思います。

こちらは1番最初のレベルのステージ1のレッスン風景です。

カランメソッドはこのように進んで行きますが、このメソッドならではのルールがあります。

カランメソッドのルール
  1. 授業中は教科書を見ない
  2. レッスン中の質問はできない
  3. 講師は話すスピードを変えない
  4. 講師が2回質問を読み上げたら素早く解答する
  5. 質問文と同じ文法でフルセンテンスで答える
  6. 短縮形を使う
  7. 間違えた文法や発音は訂正される

カランメソッドのレッスン中は教科書を使わず、講師の指示通りに進んで行きます。

レッスン中に質問する事もできません。

また、生徒のレベルに合わせて講師が話す速度を変えることもありません。

これが前提となります。

MARU

教科書を使わない理由は聞こえてくる英語に集中する為。質問をしたり、話す速度を変えることができないのは、スピード感が無くなって短時間で負荷をかけられずに効率が落ちるからだよ!

カランメソッドのレッスンの進み方を見ていきましょう。

講師はテキストにそって同じ質問を2回読み上げます。

teacher

Do you like to play tennis? Do you like to play tennis?

この質問の後にすぐ、質問と同じ文法でフルセンテンスで解答します。

POKO

Yes, I like to play tennis.

×この時に、Yes. や、Yes, I do. と解答してはいけません。

すぐに答えが出てこなくても講師はあなたの解答を補助してくれます。

また、レッスン中は短縮形を使い、基本的に代名詞は使いません。

teacher

Is the pencil black? Is the pencil black?

POKO

No, the pencil isn’t black, the pencil’s pink.

先ほどと同じように、短い「No.」だけや、代名詞を使う「No, it isn’t black. 」短縮していない「 No, it is not black.」と解答すると訂正されます。

MARU

実際の英語では短縮形を使う事がほとんどだし、間違いをその場で直してもらえるから、正しい文法と発音を使いながら理解する事ができるんだね!

カランメソッドは初心者向け

カランメソッドは初心者には難しいという意見もありますが、カランメソッドの学習が最も効果があるのは英語初心者です。

公式サイトによると、通常ケンブリッジ英語検定のPTE(Preliminary English Test)レベルに合格するには350時間かかると言われています。

しかしカランメソッドを学習した生徒では、合格までに必要な学習時間は80時間

通常の学習の4分の1の時間で達成しています。

つまり、PTEレベルを目指す英語学習者に最適ということになります。

POKO

ケンブリッジのPTEレベルってどのくらい?

PTEレベルというのは、外国語学習者の習熟度を表す指標:CEFRでB1に値しています。

B1のレベルは、

  • 仕事、学校、娯楽などで普段出会うような身近な話題について、標準的な話し方であれば、主要な点を理解できる。
  • 身近な話題や個人的に関心のある話題について、筋の通った簡単な文章を作ることができる。

という状態を指します。

英語の試験でいうと、英検2級 / IELTS:4.0~5.0 / TOEIC:550 くらいのレベルです。

よって、B1(ケンブリッジPTEレベル)の1つ下であるA2のレベルの人に最も効果的ということが分かります。

超初心者には向いてる?

中学英単語やbe動詞もちょっと怪しい…英語学習を始めたばかりという超初心者の方には難しいのは事実です。

カランメソッドのステージ1では、モノの名前を表す英単語やbe動詞、動詞、短縮形などの基本的な文法のルールが頭に入っている前提で始まります。

さらに講師の話すスピードもネイティブより速いので、聞かれている事を理解できる程度のリスニング力がなければならないのです。

MARU

英語学習自体を挫折する原因にもなるから、少し英語に慣れてからの方がいいね!

カランメソッドのメリット

リスニングの強化に効果的

カランメソッドでは、講師は決められた速度で英語を話します。

ネイティブの会話速度は思っているよりかなり早く聞こえるので、ナチュラルなスピードの英語に触れることで、ネイティブの話すスピードでも理解できるようになります。

MARU

ネイティブのスピードも怖くない!

反射的に英語で返答できるようになる

速いテンポの英語を聞いてすぐに英語で答える練習を繰り返します。

質問の後に間が開いてしまうとあなたの脳は、日本語で考えようとしてしまいます。

しかし、間髪入れずに講師が返答をリードする事によって、日本語の翻訳を介さず英語を聞いて英語で考えられるようになる英語脳が出来上がりです。

たくさん発話できる

英会話レッスンでは、講師が話している時間が長かったり、他の生徒の発言の時間を取ったりとどうして英語を話さない時間が多くなりがちです。

カランメソッドのレッスン中は、話さない時間はかなり少なくなります。

半強制的にセンテンスを言う必要があり、同じ時間レッスンを受けたとしても、一般的な英会話レッスンよりたくさん話す機会が与えられます。

発音も直してもらえるので、スピーキング力もアップしますね。

正しい文法で話せるようになる

文法が間違っているんじゃないか、と気になって英語を話すことに自信が持てない場合もカランメソッドは効果があります。

聞かれた質問と同じ文法構成で答える必要があるので、違う答え方の場合は講師によって訂正が入ります。

慣れるまではかなり直されますが、間違わずに言えるようになる頃には、自然に正しい文法が身についているはずです。

カランメソッドのデメリット

英会話は上達しない

カランメソッドは定型文をひたすら繰り返していくので、自分の考えを話す練習にはなりません。

使われている文章も「Have you got 2 eyes?」とか「え、あたりまえですよね?」みたいな質問がでてくるので実際の会話で使えるとは限りません

もちろん、正しい文法を使って答えられるようにはなりますが、自分で応用できるところまで練習する必要があります。

POKO

カランメソッドのレベルが上がったからといって、ネイティブと楽しく会話できるようになるわけではないよね。

レッスン料が割高

カランメソッドのレッスンは、認定校に所属するトレーニングを受けた講師しか教える事ができません。

講師にトレーニングを受けてもらったり、認定される学校側も費用が掛かるのでどうしても一般的な英会話レッスンより高くなります。

例えば、ネイティブキャンプなら講師予約料として1レッスン+200円、QQENGLISHでも日常英会話コースより数百円(コースにより異なる)高くなります。

POKO

じゃあ、レッスンが少し安い非認定校のレッスンを受ければいいのでは?

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、講師がやり方を理解していなかったり、自分流で授業を実施している非認定校のレッスンにはカランメソッドの効果はないので普通のレッスンの方が絶対的におすすめです。

単調で飽きやすい

一見簡単そうに見えますが、定型文を答えるのは意外と難しいことです。

途中で何度も言い直さなければいけないのでストレスは溜まりますし、終わった後に尋常じゃないくらい疲れます。

カランメソッドだけでは挫折してしまいやすいので、日常会話のレッスンも並行して受講する事をおすすめします。

カランメソッドが受けられる認定校は3つだけ!

カランメソッドを提供しているオンライン英会話は複数ありますが、認定校は以下の3社のみです。

カランメソッドオンライン認定校

カラン公式サイトにも掲載されています。

カランメソッドは効果的に英語を習得させるための決められた教え方があります。

認定校ではないオンライン英会話でもカランメソッドを提供している場合もありますが、前述したように認定校で受けないと全く効果がありません

さらに、カランメソッドの認定校で学習している場合、カランメソッドの公式アプリでeテキストを購入する事ができます。

カランメソッドの音声データも利用できるので、効果的な復習にも役立ちます。

カランメソッド認定校比較

カランメソッドを受講できるオンラインスクールの値段はやっぱり気になりますよね?

比較してみた結果、1レッスン(25分)当たりが1番安いのはネイティブキャンプでした。

ネイティブ
キャンプ
QQ
ENGLISH
ジオス
1レッスン当たり409円484円650円
料金月額6,480円
予約料200円/回
月額9,680円13,000円
(有効期限3カ月)
受講できる回数制限なし20回
(75ポイント講師)
20回

ネイティブキャンプは、月額6,480円で受け放題ですが、カランメソッドのレッスンを受けるためには、カラン講師を予約する必要があり、1レッスン200円かかります。

1カ月毎日受けても月にかかる料金は12,680円で3社の中では1番安い結果になりました。

日常英会話コースは追加料金なしで受けられるので、カランと日常英会話を併用したい方はこれで決まりです。

QQENGLISHは、ポイント制です。月額9,680円で1,500ポイント貰え、カランのレッスンは1回75ポイント必要です。

よって、月に20回まで1レッスン484円で受ける事ができます。

QQENGLISHの運営する語学学校もカランメソッドの正式認定校であり、講師の質も安定していると言えます。

ジオスオンラインは、13,000円で20回のカランメソッドのレッスンを受講できます。

1レッスン650円と少々単価は高くなりますが、20回分のレッスンの有効期限は3カ月なので、自分のペースで受けたい方は受講料を無駄にしてしまう事が少なくなります。

MARU

それぞれの特徴から自分に合ったオンライン英会話でカランメソッドを学ぼう!

最後に:カランメソッドは初心者にもおすすめだけど

カランメソッドの特徴や学習のメリット・デメリットを見てきました。

POKO

反強制でたくさん話して、正しい文法で英語返答の瞬発力を鍛えられるっていうのがカランメソッド!

英語学習者におすすめなのはもちろんですが、カランメソッドの特徴から以下の方にもおすすめなのが分かります。

  • 自分の話す英語に自信が無い
  • 英語が伸び悩んでいる
  • フリートークだと話題がなくて練習しづらい
  • 英文法が苦手
  • 今までとは違う方法で学習したい
MARU

なんといっても自分で体験してみるのが1番!認定校を無料で体験して自分にピッタリなオンライン英会話を見つけよう!

カランメソッドオンライン認定校
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる