2大オーディオブック徹底比較【使えるアプリはどっち?】2020年最新版

pokoのアイコン画像poko

オーディオブックは『audiobook.jp』と『Audible』が有名だけどどっちがいいのかな?

maruのアイコン画像maru

どちらもアプリでオーディオブックが聴けるけど、自分の目的に合った方を選んで使うのがいいね!

聴き放題が人気のaudiobook.jpとコンテンツ数豊富な【Audibleどちらがいいのか迷ってしまいますよね。

どんな作品に強いのか、料金プランは?などの疑問にお応えすべく、今人気の2大オーディオブックを9項目で徹底比較します。

この記事を読めば、あなたにピッタリなオーディオブックがわかります。

少々長いですがお付き合いください!

各オーディオブックの詳細は以下の記事をご覧ください

あわせて読みたい
audiobook.jpは聴き放題のオーディオブックアプリ【料金や評判は?】
audiobook.jpは聴き放題のオーディオブックアプリ【料金や評判は?】アメリカではすでにメジャーなオーディオブックですが、日本でも利用者は年々増え続け、サービスも充実してきています。この記事では、日本語コンテンツ数トップのオー...
あわせて読みたい
Audibleとは?アプリで聴けるオーディオブック【評判や無料体験の方法も解説!】
Audibleとは?アプリで聴けるオーディオブック【評判や無料体験の方法も解説!】読書をしたいけど時間が取れない、本を読むのが苦手という方におすすめなのが本を聴くこと。プロのナレーターや声優が朗読した本をスマホやタブレットなどのデバイスで...
目次

audiobook.jpとは

audiobook.jp (オーディオブック ドット ジェイピー)』は株式会社オトバンクによって運営されている聴き放題プランが人気のオーディオブックです。

利用可能な日本語作品数は2万7000点国内最大で、2018年に60万人だった会員数は130万人を突破しました( 2020年3月 )。

特徴

  • 1万冊の聴き放題が月額750円
  • 月額会員はボーナスポイントがもらえる
  • コンテンツはアプリでダウンロード可能
  • お得なセールが多い
  • ビジネス・学習系のラインナップが豊富

今すぐ公式サイトを見てみる!

聴き放題プランがある『audiobook.jp』は、様々なジャンルのコンテンツが利用可能でオーディオブックデビューの方に特におすすめ!

スマホでコンテンツを購入してダウンロードするだけでアプリでオーディオブックが楽しめるのも魅力です。

>>audiobook.jp

オーディオブック 耳で楽しむ読書アプリ
オーディオブック 耳で楽しむ読書アプリ
開発元:OTOBANK Inc.
無料
posted withアプリーチ

Audibleとは

日本では2015年からAmazonの傘下のサービスとして開始し、アメリカ・イギリス・ドイツ・フランス・オーストラリア・イタリアでも展開している『Audible(オーディブル)』。

Audibleには全部で40万以上のタイトルがあり洋書が豊富。月額会員は毎月貰えるコインで好きなオーディオブック1冊と交換する事ができます。

特徴

  • 32カテゴリーから選べる40万以上のコンテンツ
  • 洋書が豊富でリスニング学習にも使える
  • 最大9台までの端末で利用可能
  • 会員は毎月1冊好きなオーディオブックが貰える
  • オーディオブックの返品・交換可能
  • 会員向け無料コンテンツあり

30日間の無料体験実施中!

Audibleはコンテンツの価格に関係なく毎月1つオーディオブックが貰えたり、常に非会員の30%OFFで購入できるといった会員特典が充実しており、お得にオーディオブックを利用したい方にピッタリです。

会員のみが利用できる『Audible Station』では追加料金なしで聴く事のできるチャンネルも11あります。

>> Audible(オーディブル)

Amazonオーディオブック - オーディブル
Amazonオーディオブック – オーディブル
開発元:Audible, Inc.
無料
posted withアプリーチ

2つのオーディオブックを比較する!

ここからは、オーディオブックをアプリで聴ける『audiobook.jp』と『Audible』のどちらが優れているのかを項目ごとに見ていきましょう!

作品数とカテゴリー数

結論:Audible

audiobook.jpAudible
作品数2万7000点
(聴き放題対象は1万点)
44万点
(日本語作品は1万6000点)
カテゴリー数10カテゴリー32カテゴリー

作品数は44万点以上、カテゴリー数も32とかなり多く、数ではAudibleが圧勝

しかし、日本語作品のみの作品数ではaudiobook.jpに軍配が上がる結果になっています。

ちなみにどんな作品があるか少し見てみましょう。

audiobook.jp

ビジネスパーソン必須の学べるコンテンツや、

気軽に朗読が楽しめる映像化作品も豊富。お子様向けの聴く絵本もあり、想像力が豊かになりますよね。

ヨガやストレッチ・をしながら聴けるコンテンツがあるのもうれしいですね。

Audible

Audibleはカテゴリーが32もあるので、最近何かと話題のお金の話にまつわるコンテンツや、

耳を鍛えつつ語学学習できるコンテンツ、さらには

英語の聞き流しにも使える、少しレベル高めの作品もあります。

ちなみに、Audibleオリジナル要素のある作品には、黄色の帯で ”ONLY FROM audible”のマークが付いています。

maruのアイコン画像maru

日本語作品を多く楽しみたい人は『audiobook.jp』、洋書も聴きたいという人には『Audible』がいいね!

プランと月額料金

結論:audiobook.jp

audiobook.jpAudible
プランと月額料金聴き放題:750円
月額会員:550~33,000円
月額会員:1,500円

audiobook.jpの魅力は、なんといっても聴き放題プランがあること!

最新の作品を楽しみたいのであれば幅広い料金設定の月額プランでも利用可能です。

その点、Audibleは月額1,500円のプランのみ。残念ながら聴き放題プランはありません

支払方法

結論:audiobook.jp

audiobook.jpAudible
支払方法クレジットカード
ドコモケータイ払い
ソフトバンクまとめて支払い
ワイモバイルまとめて支払い
auかんたん決済 ※単品購入のみ
iOSアプリ内課金
Androidアプリ内課金 ※月額サービスのみ
クレジットカードのみ
利用可能カード会社MasterCard
VISA
JCB
American Express
Diners
MasterCard
Visa
JCB
American Express

支払方法に関しては、audiobook.jpの圧倒的選択肢

Audibleはクレジットカード一択。利用できるカード会社は4社ですがクレカない方は困りますよね。

audiobook.jpの場合、クレジットカードだけでなく携帯電話会社を使用した決済方法やアプリでの支払いもできて便利!

利用できるカード会社も5社でAudibleよりも選択肢が豊富です。

pokoのアイコン画像poko

どちらもデビットカードや銀行振込での支払いはできないので覚えておこう!

アプリの機能

結論:audiobook.jp

audiobook.jpAudible
アプリの機能0.5~4倍速での再生速度変更
チャプター毎に再生できる目次機能
スリープタイマー機能
ふせん(ブックマーク)機能
リピート再生機能
アプリからのコンテンツダウンロード
0.5~3.5倍速での再生速度変更
本の章ごとに再生できる目次機能
スリープタイマー機能
ブックマーク機能
リピート再生機能

アプリの機能に関してはほぼ一緒ですが、再生速度の変更に関して言えば、audiobook.jpはなんと4倍速まで可能!

って言ってもかなり速いので、慣れるまではただの雑音…。もちろん練習すれば驚異のスピードで本の内容を理解できるようになりますよ!

そして、この項目に関しての大きな違いは、聴きたいコンテンツがアプリでダウンロードできるかどうか。

audiobook.jpはアプリで完結しますが、AudibleはWebからダウンロードする必要があります

ちょっと面倒なのが難点ですが、Audibleのダウンロード方法はしっかり解説されているので、わからなくて困ってしまうということもありません。

maruのアイコン画像maru

ちなみにアプリ内の機能を簡単に説明するとこんなかんじ!
・目次機能:チャプター/本の章ごとに再生できる
・スリープタイマー機能:自動で再生停止をする
・ブックマーク(ふせん)機能:印象に残った箇所を記録できる
・リピート機能:聴きたい箇所を続けて繰り返し再生する

複数端末利用

結論:Audible

audiobook.jpAudible
利用可能端末数最大4台最大9台

audiobook.jpでは、OSが同じでも使用端末が違う場合、またはOS自体が異なる場合は同時に最大4台(iPad、iPad、Androidスマートフォン、タブレット各1台ずつ)まで同時ログイン可能です。

一方、Audibleは、1つのアカウントで各端末3台まで利用でき、Android系端末で3台、iOS系端末で3台、Windows10系端末で3台の最大9台まで連携可能となります。

pokoのアイコン画像poko

家や外出先で使用するデバイスを分けている人にはAudibleが便利だね!

解約後のコンテンツ利用

結論:Audible

audiobook.jpAudible
解約後のコンテンツ利用聴き放題は不可可能

こちらの点に関しては、Audibleに聴き放題が無いので比べづらいですが、audiobook.jpの聴き放題プランで利用していたコンテンツは解約と同時に利用できなくなるので覚えておきましょう。

audiobook.jpでも単品購入したものは解約後も聴く事ができます

maruのアイコン画像maru

何度も聞きたいお気に入りコンテンツはAudibleで手に入れておこう!

単品購入

結論:audiobook.jp

audiobook.jpAudible
嫌われる勇気1,650円3,000円
自分を操る超集中力1,540円2,500円
世界のエリートがやっている 最高の休息法1.650円3,000円

同じオーディオブックがどちらにもあるわけではありません。

しかし、同じコンテンツの価格を比較すると、単品購入ではaudiobook.jpの方が1,000~1,500円安いです。

pokoのアイコン画像poko

2つを比べてお得にオーディオブックを楽しもう!

オーディオブックアプリ比較結果

pokoのアイコン画像poko

作品数・カテゴリ数・使用可能端末数・解約後コンテンツ利用ではAudible
プラン・月額料金・支払方法・アプリ・単品購入はaudiobook.jp
4対5の僅差だったね!

maruのアイコン画像maru

英語力をアップしたい僕はAudible派かな!綺麗な発音を聞いて練習してネイティブのような発音を身につけるぞ!

audiobook.jpは手ごろな価格でたくさん聴けるのが一番の特徴。

休日に趣味として映像化作品や文学作品を楽しむこともできますし、ビジネス書を利用して知識を深めるのにも役立ちます。

>>オーディオブック配信サービス – audiobook.jp

Audibleは幅広いジャンルから選んだものをお得に聴けるのがいいですね。

お気に入りの本を何度も聞きたい方や豊富なバリエーションから選びたい、英語を学習したいという目的ではAudibleが最適です。

>>amazonのオーディオブック‐Audible

【audiobook.jp】と【Audible】の比較まとめ

2大オーディオブックサービスの比較項目を一覧にしてみました。

内容は今まで紹介してきたものなので、既に特徴がわかった方は飛ばして大丈夫です。

audiobook.jpAudible
作品数2万7000点
(聴き放題対象は1万点)
44万点
(日本語作品は1万6000点)
カテゴリー【全10カテゴリー】
ビジネス

自己啓発
教養
語学
実用・資格
文芸・落語
ラノベ・アニメ・ラジオドラマ
講演会
BL・TL・ロマンス
官能・アダルト
【全32カテゴリー】
名作文学
現代文学
時代小説
ミステリー・ホラー
SF・ファンタジー
古典・神話
絵本・児童書
詩歌
自己啓発 (生き方・人生論)
自己啓発 (成功法)
自己啓発 (人間関係・コミュニケーション)
ビジネス (マネー・資産運用)
ビジネス (マーケティング・セールス)
ビジネス (キャリア・マネジメント)
ライトノベル・BL・声優
落語・寄席・演芸
語学
学習・教育
科学・テクノロジー
社会・政治
宗教・哲学
評論・対談
歴史・地理研究
地理・旅行
エッセー・自伝
暮らし・健康・趣味
ヒーリング
エンタメ・カルチャー
ラジオ・ラジオドラマ
官能
アダルト
洋書
プラン月額会員
聴き放題
月額会員
月額料金月額会員:550~33000円
聴き放題:750円
1,500円
支払方法クレジットカード
ドコモケータイ払い
ソフトバンクまとめて支払い
ワイモバイルまとめて支払い
auかんたん決済 
※単品購入のみ可
iOSアプリ内課金
Androidアプリ内課金 
※月額サービスのみ可
クレジットカードのみ
アプリ機能0.5~4倍速での再生速度変更
チャプター毎に再生できる目次機能
スリープタイマー機能
ふせん機能
リピート再生機能
アプリからのコンテンツダウンロード
0.5~3.5倍速での再生速度変更
本の章ごとに再生できる目次機能
スリープタイマー機能
ブックマーク機能
リピート再生機能
複数端末利用最大4台最大9台
解約後聴き放題コンテンツは聴けなくなる聴ける
単品購入安いちょっと高い
特徴1万冊の聴き放題が月額750円
月額会員はボーナスポイントがもらえる
コンテンツはアプリでダウンロード可能
お得なセールが多い
ビジネス・学習系のラインナップが豊富
32カテゴリーから選べる40万以上のコンテンツ
洋書が豊富でリスニング学習にも使える
最大9台までの端末で利用可能
会員は毎月1冊好きなオーディオブックが貰える
オーディオブックの返品・交換可能
会員向け無料コンテンツあり

最後に:使えるオーディオブックアプリは

個人的には『audiobook.jp』です。

実際、Audibleはアプリで聴きたいと思ったコンテンツをリストに入れて、サイトへ行ってダウンロードするという手間が怠け者の私的には地味にめんどくさい

慣れてしまえば問題はないんですけどね!

あと、本嫌いのオーディオブック初心者なので、いろいろな本を聴いてみたいのです。

pokoのアイコン画像poko

もう少し本が好きになったら、Audibleでお気に入りのオーディオブックや超大作を安く仕入れようと目論んでいます!退会しても聞き続けられるからね!

というわけでまとめ!

audiobook.jp

audiobook.jpが向いている人:いろいろなジャンルのオーディオブックを聴きたい、ビジネスや実用書を読みたい、オーディオブックデビュー。

  • 月額会員:人気のオーディオブックや特定の作品を楽しみたい方。特典:ボーナスポイント
  • 聴き放題プラン:定額でたくさんのオーディオブックを聞きたい方。特典:無料体験
  • メリット:アプリで購入もダウンロードもできる
  • デメリット:聴き放題は解約後のコンテンツ鑑賞不可

>>オーディオブック配信サービス – audiobook.jp

Audible

Audibleが向いている人:聴きたい本をお得に購入したい、お気に入りの本をずっと聞きたい、洋書を使って英語学習したい。

  • 月額会員特典:30%OFF、返品・交換可能、会員向けコンテンツなど
  • メリット:好きなコンテンツが毎月1つもらえる
  • デメリット:日本語コンテンツ数の割合は低い

>>amazonのオーディオブック‐Audible

maruのアイコン画像maru

どちらも30日間無料で利用できるので、本を買って満足しちゃうタイプの方も一度通勤のお供にお試しあれ!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる