空港で使える英語のフレーズをシーン別にまとめてみる。【飛行機に乘るまで】

観光地では日本語でのサインがある空港もありますが海外の空港でのやりとりは基本的に英語になります。使えるフレーズを覚えておきましょう。

不安な人は事前に空港への行き方や空港内の地図、荷物の大きさや重量、持ち込み禁止なのものを確認しておくことをおすすめします。

目次

空港に到着したら使える英語

空港に到着したらまずはチェックインカウンターを探し、喫煙所やトイレなども行ける余裕があると良いですね。

チェックインカウンターはどこですか?

Where is the check-in counter for ○○airline?

  • 搭乗手続きカウンター=check-in counter check-in desk
  • 航空会社=Airline

他にも場所を尋ねるときには

トイレはどこにありますか?

Do you know where the restroom/toilet is?

この辺に喫煙所はありますか?

Is there a smoking area around here?

と聞くことができます。

何時からチェックインは始まりますか?

What time does check-in start?

どれくらい前にチェックインしたらいいですか?

How much time before my flight should I check in ?

国際線ならフライトの3時間前からチェックインできるようです。海外での空港では何が起こっても大丈夫なように時間に余裕をみて行動しましょう。

  • 国際線=International flight
  • 国内線=Domestic flight

チェックインカウンターで使う英語

チェックインカウンターに行ったらパスポートと搭乗券を受け付けの人に渡します。

どちらまで行かれますか?

Hello. Where are you flying today?

と尋ねられることもあるので

シドニーまで行きます。

Hi, I’m flying to Sydney.

To Sydneyと行き先を伝えましょう。

チケットとパスポートを見せてもらえますか?

Can I see your ticket and your passport, please?

ticket はboarding passとも言います。

はい、これがパスポートとチケットです。

Sure. Here’s my passport. And here’s my e-ticket.

もしオンラインチェックインをしているなら

チェックインはオンラインで済ませています。

最近は事前にオンラインでもチェックインができるのでその場合は

I’ve already checked in online.

と伝えましょう。

通路側の席でよろしいですか?

Would you like an aisle seat?

窓際の席がいいのですが。

I would like to have a window seat.

窓側の席をお願いします。

Could I have a window seat, please?

  • 通路側の席=aisle seat
  • 窓側の席=window seat

手荷物を預ける際に使う英語

機内に持ち込まない大きな荷物を預けます。航空会社やプランによって上限となる荷物の大きさや重さ、個数が違うので事前に確認しておきます。

またこの時に荷物の中に預け入れ不可のモノが入っていないか確認されます。

お預けになる手荷物はいくつございますか。

How many pieces of luggage are you checking in?

  • スーツケース=suitcase
  • 荷物=baggage, luggage 荷物は数えることができない名詞

1つだけです。/ 2つです。

Just one. / two bags.

I’m only taking this with me. 

という表現も使えます。

機内持ち込みはございますか?

Do you have a carry on?

いくつのバッグをお持込されますか?

How many carry on bags are you taking with you?

  • 機内手荷物=carry-on baggage
  • 預け荷物=check-in baggage

預け荷物の時と同じように答えます。

お客様のカバンをはかりに載せてください。

Can you place your bag up here?

Please put your bag on the scale.

お客様のかばんは重量オーバーしています。

Your baggage is overweight.

かばんから何か取り出すか超過料金を払いましょう。

超過料金を払う場合は

いくらの超過料金を払ったらいいですか?

How much extra do I have to pay?

クレジットカードで支払いたい時は

クレジットカードは使えますか?

Can I pay by credit card?

Do you accept credit cards?

と聞きます。

割れ物はスーツケースの中に入っていますか?

Is there anything fragile in your luggage?

この荷物に割れ物のタグを付けてください。

Please mark this bag as fragile.

割れ物。壊れやすいものはfragileと言います。

液体や可燃性のものはバッグの中にありますか?

Do you have anything liquid or flammable in your bag?

この質問はNOです。適当にyes!と答えて荷物を全部開けさせられている人を見たことがあるので注意しましょう。

搭乗ゲートは3番で、午後6時からの搭乗です。30分前にはゲートにいてください。

You will be boarding at Gate 3 at 6:00 PM.Please be at the gate 30 minutes before your flight.

Japan航空メルボルン行きの654便の搭乗口がゲート7から11に変更になりました。

The boarding gate for Japan Airlines Flight 654 to Melbourne has been changed from Gate 7 to Gate 11.

飛行機に遅れは出ていませんか。

Is my flight on time?

何番ゲートですか。

What is the gate number?

搭乗開始は何時ですか。

What time do you start boarding?

乗り継ぎについて尋ねる際に使う英語

Japan航空111便への乗り継ぎがあります。

I have a connecting flight on Japan Airways 111.

  • 乗り継ぎ=transit/connecting flight

乗り継ぎの待ち時間はどれくらいですか。

How long is the stopover?

荷物を一度受け取る必要があるか尋ねる

セブで乗り継ぎがあるのですが、そこで荷物を引き取る必要がありますか。

I have a transit in Cebu. Do I need to pick up my luggage there?

お荷物は最終目的地までお預けいただけます。

It’ll go straight through to your final destination.

電光掲示板でよく目にする単語はこちらです。

  • On time=定刻
  • Cancelled=欠航
  • Delayed=遅延
  • Check-in=搭乗手続き中
  • Now Boarding=搭乗中
  • Last Call=最終案内
  • Boarding Closed=搭乗終了
  • boarding gate changed=搭乗口変更

保安検査場で使う英語

保安検査場に行ったらセキュリティチェックを受けます。

身につけているジャケットや貴金属類も外し、かばんから電子機器(PCやスマートフォン)、液体の入ったポーチやライターを取り出してトレーにのせます。

携帯電話やパソコンをカバンから取り出してトレーに入れてください。

Please take out your mobile phone and laptop, and put them in this tray.

Please take all electronic devices out of your bags.

ジャケットを脱いでください。

Take off your jacket.

ベルトを外してください。

Remove your belt.

金属探知ゲートをくぐってください。

Walk through the metal detector, please.

もし探知機が鳴ってしまった場合は

ポケットに何か入っていませんか。

Do you have anything in your pockets ?

と尋ねられることもあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は旅行での関門でもある空港での英会話をまとめました。

私は初めてフィリピン留学に行った際に、本当に何も分からず、聞き取れずに危うく飛行機に乗り遅れそうになりました。

搭乗口の前で待機していましたが、勝手に搭乗口が変わっていたみたいで気づいたら何回も自分の名前を呼ばれていました。

楽しい旅行を順調に始める、終えるためにも事前にちょっとだけ予習しておきましょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる