英語で予定に関する事を話したい時に使える便利なフレーズ集14選!

このページでは日常英会話を少しレベルアップするために今すぐ使える群動詞とフレーズをまとめています。

群動詞が何か分からないという方はこちらの記事をご覧ください。

今回は予定に関する役に立つフレーズをまとめています。予定を立てる所から取り掛かり、そして困難に直面した時に英語でとっさに喋れますか?

目次

予定を立てる際に使えるフレーズ

aim at 目指す/ 向ける

これは2通りの意味を持っています。具体的な目標やある事柄を目標として持っている際に使う場合と、ある行動が誰かに向けての助けになる場合や影響を与える場合に使います。

They are aiming at a higher production level.

彼らは高いレベルの生産を目指している。

The research is aimed at developing treatments for the disease.

その研究は病気に対応できる薬の発展を目指している。

Many of the devices are aimed at people with hearing problems.

沢山の機器は健康問題を抱える人々に向けられている。

count on あてにする

何かをあてにしてそれに頼るときなどにはこちらを使います。自分の将来の予定の中で何か見込めることがある場合などはcount onを使って表現することができます。

These workers can now count on a regular salary.

労働者たちは毎月の所得を当てにすることができるだろう。

fit in 都合がつく

何かの予定や人物に時間を合わせられるという時に使えます。友達との会話でも使えますし、働いている場合にも予約の際に使えます。

I’m on holiday next week,but I can fit you in on 10th.

私来週に休み取るけど10日は予定合わせられるよ!

何かに取り掛かる際に使えるフレーズ

go about 取り掛かる

何かの物事ややらなければいけない事に取り組み始めるというニュアンスで使います。

I had been wondering how to go about it.

いったいどうやって取り掛かったらよかったんだろう..

line up 集める、準備する

イベントや集まりで何かと準備しなければいけない時にはこちらを使いましょう。

We’ve lined someone up to present the show.

舞台を上演するために人を集めた。

set out 始める、試みる / 発表する

2つの意味があり、旅などに出かける時や事業などを始める際に使える場合と意見などを整理して発表する、または展示する場合に使えます。

I set out as a registered accountant in Japan ten years ago.

私は10年前に税理士として日本で事業を始めました。

He set out his plan in the report.

彼は計画を報告書の中で説明した。

start on 取り掛かる

beginと同じような意味があり、何かを始める際に使えます。

You clean the kitchen while I start on the bathroom.

私がお風呂掃除し始めると同時にキッチン掃除し始めて。

~になるという時に使えるフレーズ

end up ~することになる

例え~だとしても最終的には~になるというような表現をしたい時にしっくりくるフレーズです。end という単語から分かるように、最終的にはという意味があるのでbecomeのようには使えません。

If we go on in this way,we’ll end up with millions of people unemployed.

もしこのまま続けたとしても、最終的には100万人の失業者が出るだろう。

turn out ~になる、~である事が分かる

予定や物事が一定の結果になるだろうと予測できる際や、絶対になる!と言える時はこちらを使います。未来形だけでなく、過去形にも使えます。

It turned out to be a really great night.

その夜は素晴らしいものになったよ。

wind up ~のはめになる / けりをつける、終える

2つの意味があり、予定や行動が~する破目になると言う場合と活動や予定を止める、けりをつける際に使える場合があります。破目になるというのは良い意味ではなく、主にネガティブなシチュエーションで使いますので注意してください。

He spent all day gambling and wound up broke.

彼はギャンブルでついに無一文になった。

You’ll wind up in hospital if you don’t drive carefully.

慎重に運転しないと病院送りになるよ。

He wound up by thanking everyone for coming.

彼はみんなに来場の礼を述べて話を終えた。

困難に直面した際に使えるフレーズ

pull off (困難な事を)やり遂げる

困難な事を最後まで成し遂げるという時に使います。overcomeと同じような意味で乗り越えるという表現が日本人にはしっくりくるかもしれません。

He pulled off a deal with an Japanese firm.

彼は日本の会社でやり遂げた。

run into (困難に)遭う

難しい事や問題に直面した時に使えます。

She ran into trouble with her visa.

彼女はビザの問題に直面した。

follow up 徹底的に追及する/ (定期的に)引き続き行う

意味が2つありますが、若干似ているのでシチュエーションを考えて使いましょう。

When I heard the rumors, I tried to follow them up.

もしその噂を聞いたら徹底的に追及するよ!

I am writing to ask you to follow up on the matter I told you before.

以前お伝えした問題について引き続き調査をして頂きたく、手紙を書いています。

rule out 除外する、~を認めない

予定などが実質不可能であったり、適していないので認めない、却下するという際にはこちらを使います。

The Japanese government has not ruled out military action.

日本政府は軍事行動を認めなかった。

Don’t rule out the possibility!

可能性を否定しないで!

まとめ

今回は予定を立てる所から難しい事を対処する際に使える英語のフレーズをまとめました。

これらを覚えて応用することでいろいろな場面で使えますので是非参考にしてみてください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる