看護師が転職に失敗する原因と失敗しない6つの方法【転職経験者がまとめる】

 看護師のアイコン画像 看護師

今の職場がきついから転職したいけど「転職失敗した」って話をよく聞くから悩む…。

pokoのアイコン画像poko

後悔しない為に、転職で失敗しないコツ失敗する原因は知っておきたいよね。

この記事を読み始める前に

看護師は、他の職種に比べて転職がしやすい職業ではありますが、転職に失敗している人が多いのも事実

私の周りにも転職経験者はたくさんいますが、転職者からよく聞く不満は、

  • 労働条件が悪くなった
  • 給料の額が聞いていたのと違う
  • 環境になじめない
  • 人間関係が最悪
  • 激務すぎ
  • やりたい仕事内容ではなかった

などなど…。

せっかく勇気を出して違う職場に移ったとしても、こんな状態になるのは嫌ですよね。

私自身も、夜専看護師として転職し、給料はアップしましたが、人間関係は残念になってしまいました。

この記事では、そんな経験を元に、看護師が転職を失敗してしまう理由転職を成功させる秘訣をまとめています。

こんな疑問を解決!
  • 転職に失敗するのはどうして?
  • もし転職に失敗したらどうしたらいい?
  • 転職を成功させるためには何に気を付ける?
  • 転職サイトは使った方が良いの?

結論をいうと、転職で失敗しない為には以下の要素が重要になります。

  1. 余裕のある転職活動
  2. 情報収集
  3. 条件の確認
  4. 転職目的の明確化
  5. 優先順位の明確化
  6. 積極性
pokoのアイコン画像poko

この6つのポイントを抑えれば、看護師の転職で失敗しない!

目次

看護師の転職が失敗する原因は6つ 

pokoのアイコン画像poko

そもそもなんで看護師の転職は失敗するの?

転職に失敗する人の原因には、以下の6つが不足しているという共通点があります。

転職失敗の原因
  1. 時間不足 
  2. 情報収集不足
  3. 確認不足 
  4. 動機不足 
  5. 自己分析不足
  6. 自主性の不足 

失敗例となぜ失敗してしまったのか、どうすれば良かったのかを原因別にみていきましょう。

時間不足による転職失敗

×失敗例×

退職日を決めてから転職活動を開始

希望に合う求人が少なく、退職日が迫ってくる焦りから1番早く内定が出たところに就職。

労働環境が悪くなり、転職した事を後悔した。

これは転職活動に十分な時間が取れなかったこと=時間不足で焦った事で起きてしまった失敗です。

転職活動には向いている時期向いていない時期があるので、新しい職場へ入職したい時期から逆算して転職活動を始めることで回避できます。

あわせて読みたい
看護師は転職する時期を見極めないと損するよって話。【ベストな時期と経験年数とは】
看護師は転職する時期を見極めないと損するよって話。【ベストな時期と経験年数とは】この記事はこんな人にオススメ転職のベストな時期やタイミングが知りたい人転職したいけど何月がいいの?転職するのは勤務年数関係ある?どういうタイミングで転職した...
pokoのアイコン画像poko

在職中から余裕をもって転職活動をすることで、焦らずに新しい職場を探すことができるね。

情報収集不足による転職失敗

×失敗例×

求人情報の給与や福利厚生が良かったので、年収アップを目指して転職した。

実際に入職したら、病院内の人間関係が悪く、離職率の高いブラックな病院だった。

結果として年収を上げるという目的は果たせましたが、病院の雰囲気や口コミなど内部情報を収集しなかった=情報収集不足のために起こった失敗です。

提示されている条件だけではなく、第3者の目線からみた情報を得ていれば避けることができたと言えます。

pokoのアイコン画像poko

転職アドバイザーや実際に働いている人からの情報は信頼できるよね。

確認不足による転職失敗

×失敗例×

公立病院からクリニックに転職。

ボーナスや休暇を取れるのが当たり前だと思っていたので、条件の詳細を確認しないまま入職

しかし、手厚い保証はなく、契約内容が記された書面ももらっていなかったため、交渉すらできなかった。

事前に詳細を確認しなかった=確認不足で起きた例。

大きい病院では当たり前だと思っていた福利厚生や雇用に関するシステムが小規模の機関では整っていないこともあります。

面接時に条件を確認し、書面に残してもらいましょう。

給与面など交渉しづらい内容であれば転職サイトを利用し、アドバイザーに代理で交渉してもらうことがもできます。

pokoのアイコン画像poko

求人はいいことがたくさん書いてあるけど、直接聞いてみないと本当かわからないこともあるよね。

動機不足による転職失敗

×失敗例×

看護師4年目になり同期が次々に転職。

周りの雰囲気に流されて、自分も転職しなきゃと思い特に目的もないまま転職した。

その結果、なんのために転職したのかわからず、モチベーションが保てない。

この場合は何となくという理由、つまり動機不足で目的もなく転職をしたことで結果的に後悔してしまった例です。

転職は明確な理由や目的がなければ、あなたのキャリアを妨げたり単純にストレス要因を増やすことになりかねません。

pokoのアイコン画像poko

自分の目的が達成されたら、転職して良かったって思えるね!

自己分析不足による転職失敗

×失敗例×

キャリアアップを目指した転職のつもりだったが、募集求人の給与や待遇に惹かれて入職

しかし、途中でやりたい業務内容でなかったことに気づいて再度転職を考えている。

自分の中での仕事に対しての優先順位を理解していないこと=自己分析不足で起きた失敗。

転職を考えた際に、自分が重要視することは何かを考える必要があります。(給与・福利厚生・職場環境・やりがい etc)。

自分を分析し、重要視するポイントに優先順位をつけることで、転職してからのギャップを少なくしたり、不要な転職を避けることができます。

pokoのアイコン画像poko

譲れない条件に順位をつけてたら後から後悔しないね。

自主性の不足による転職失敗

×失敗例×

転職エージェントを使ってるから「任せておけば安心」と思い、勧められた場所に転職

見学にもいかなかったので、イメージと実際の職場の雰囲気が違い自分と合わなかった。

受け身の姿勢=自主性の不足で転職活動。

提案されるがままになってしまい担当者と自分のイメージにズレが生じたことで起きた失敗。

転職アドバイザーは提案をしてくれますが、実際に転職後に働くのは自分自身ですよね。

やっぱり違った…という後悔をしないように積極的にアドバイザーに質問しましょう。

pokoのアイコン画像poko

実際に見学してみたらイメージが変わることもあるよ!

もし看護師の転職に失敗したらどうすればいいの?

転職に失敗したと感じたら、まず初めに失敗だと思う理由を考えてみましょう。

失敗の理由が一時的なものそうでないのかで解決方法は変わります。

一時的な理由の場合

一時的に失敗したかな…と思う理由には

  • 新しい環境になじめていないためにストレスを感じる
  • 親しい人がおらず、人間関係がうまくいってないと感じる
  • 仕事やシステムに慣れていないのでうまくいかない

といったように、少し時間が経つと解決する可能性があるものが原因となっている場合があります。

新しい職場に入職したばかりの時は、自分のことで精一杯ですよね。

他のスタッフとのコミュニケーション不足によって、相談ができず孤立していると感じてしまうこともあります。

pokoのアイコン画像poko

今までと看護方針や処置の仕方などが変わるとストレス感じることもあるよね。

初めての転職である場合や、前の職場に長年勤めていた場合に特に、慣れたやり方を変えることはストレスに感じることもあります。

入職して日が浅く、新しい環境に慣れていないために起こる問題は時間と共に解決することもあるので、転職自体が失敗だったと考える必要はありません。

一時的ではない理由の場合

一時的ではない理由とは、働いてみたら労働条件が違ったり、提示されていた給与がもらえなかったという提示されていた条件と現状が違っている場合です。

この状況ではまず、契約内容を再度確認しましょう。

雇用条件が最初に提示されたものと違うのであれば人事や総務に確認し、仕事内容が違うのであれば上司やリーダーと交渉しなければなりません。

この時に採用条件に関わる書類をもとに話し合うことでスムーズに行く可能性があります。

提示されていた条件と実際が全く異なっている場合は、雇っている側に問題があります。

pokoのアイコン画像poko

我慢したり諦めるのではなく、一度直接交渉してみよう!

やっぱり転職失敗だった…辞めるべき?

どうしても状況が改善されない場合には、最終手段として再転職せざるを得ません。

次に働く職場にマイナスな印象を与えてしまうことは確実で、次の就職先が見つかりにくい要因になります。

前職の在籍期間が3ヶ月以下などあまりにも短かったり、短期間で複数回転職している場合は慎重になる必要があります。

転職失敗だった場合の選択肢は主に2つ。

もう一度転職をするか出戻りで前の職場に戻るか、です。

再転職する場合は、転職アドバイザーから助言をもらいましょう。

pokoのアイコン画像poko

どちらにしても厳しい状況になってしまうことは覚えておきたいですね。

看護師の転職で失敗しない方法

看護師が転職の際に失敗しないためには、転職に失敗する原因を取り除く必要があります。

失敗例からわかる転職成功の秘訣は以下の6つです。

転職成功の秘訣
  • 在職中からの転職活動
  • 情報収集を徹底的に
  • 提示された条件の確認
  • 退職・転職の理由が明確
  • 優先順位をしっかり決めている
  • 積極的な姿勢で転職活動をする

在職中に転職活動開始

十分な転職活動の時間が取れないと、焦って失敗してしまいます。

 看護師のアイコン画像 看護師

仕事の合間を縫って情報収集なんて、時間が足りなくない?

pokoのアイコン画像poko

転職サイトに登録しておけば、自分の希望する条件の求人情報だけが見れるから、効率よく情報収集できるよ!

転職サイトに登録するメリットは、希望する条件の求人がでたら、アドバイザーがメールで情報を送ってくれることです。

莫大な情報の中から、ネットで時間をかけて探すのはとても大変なので、2つか3つの転職サイトに登録して情報を受け取りましょう。

おすすめの看護師転職サイト

保有求人数15万件以上【看護のお仕事】

医療関連機関との強いコネクション【ナースJJ】

情報収集は徹底的に

情報収集は転職活動をする上で、最も大切なポイントの一つです。

特に内部情報は、実際に働いている人ではないと分からないものですが、かなり参考になります。

 看護師のアイコン画像 看護師

病院の求人情報には、悪い事はあまり書いてないよね。

pokoのアイコン画像poko

転職したい病院に知り合いが働いていれば、内部情報は聞けるけど、ネットで探すのは結構大変。

転職したい病院に知り合いがいない場合も、転職サイトを利用した内部情報の収集をおすすめします。

実際に見学を組んでもらうこともできますよ。

提示された条件の確認

失敗例でも紹介したように、病院によっては、雇用のシステムが整っていない場合もあります。

また、求人情報の条件と雇用された時の条件が変わっていることも考えられます。

入職してから問題に気づいても交渉に苦労するので、事前に労働条件はしっかり確認しておくことが大切ですね。

退職・転職の理由を明確に

  • 同期が転職したから私も…→何のために転職したか分からない
  • 同じ場所で働くのに飽きてきた→やっぱり前の方が良かった
  • なんとなく辛いから辞めた→もっと辛くなった

このように、明確な理由がない転職は、そもそも目的がないので失敗する可能性が高くなります。

なんとなくという理由なら、転職の時期は今ではありません

あなたが不満に思っている事を一度考えてみましょう。

  • 給料
  • 待遇
  • 仕事内容
  • 勤務時間
  • 人間関係

求める条件や優先順位を決めている

 看護師のアイコン画像 看護師

年収100万UP、夜勤無し、有給消化率100%、超絶ホワイト病院、新しい分野に挑戦できるっていう求人ありませんか??

pokoのアイコン画像poko

そんなの全部満たす職場はない!

現在の職場よりも「いい」条件で働きたいので、転職活動をしていると欲が出てしまいます。

ですが、希望する条件すべてを完璧に満たす求人はほぼないと考えましょう。

これだけは譲れない!という優先順位をつけないと、いつまでも決められないまま転職活動の時期だけが長引いてしまいます。

譲れない内容と妥協できるポイントをリストアップしましょう。

積極的な姿勢で転職活動する

求人で提示されている情報を鵜呑みにしてしまうと、後々後悔につながります。

転職に明確な目的を持っていれば、疑問点や曖昧な点がないか、すぐに気づくことができますよね。

適切な人に相談し、利用可能な手段を最大限に活用しようという気持ちが結果として転職の成功を導いてくれます。

看護師の転職サイトを使えば転職に失敗しない? 

 看護師のアイコン画像 看護師

じゃあ転職サイトに登録しておけば失敗しないんだね!

pokoのアイコン画像poko

1つの看護師転職サイトだけだと、ちょっと厳しいのが本音…。

転職サイトは、あなたの転職を効率よく成功させるためのツールです。

転職サイトは病院と直接契約しているので多くの情報をもっていますし、転職時の相談にも乗ってくれます。

とは言っても、1つの転職サイトが、出回っている求人全てを持っているわけではないですし、担当してくれるアドバイザーさんと相性が合わないこともあります。

なので、最低でも2つの転職サイトからサポートを受け、比較しながら利用することが転職で失敗しない為には必須です。

じゃあハローワークはどうなの?

ハローワークは公共の仕事紹介所です。

誰でも気軽に利用でき、一般職を探している人はメリットを感じられるかもしれません。

しかし、専門職に関しては、ハローワークで扱っている求人数は少ないです。

病院側もいい条件の求人を出せば、応募が殺到しパンクしてしまいます。

それを避けるために病院側は、専門職に特化した求人サイトにお金を払って、いい人材を紹介してもらえるよう非公開求人としての募集をかけるわけです。

また、ハローワークは紹介所なので給与や待遇を交渉はしてくれません

 看護師のアイコン画像 看護師

なるほど。ハローワークも求人はあるけど、転職サイトの方がちゃんとフォローしてくれるんだね!

pokoのアイコン画像poko

任せっきりはダメだけど、ある程度のわがままを聞いてくれるのは転職サイトかな。

最後に:看護師の転職を失敗しない為には

看護師の転職失敗の原因と失敗しない為の方法を紹介してきました。

私も転職を経験していますが、初めての転職っていろいろ分からない事だらけで本当に不安になりますよね。

  • 労働条件が悪くなった
  • 給料の額が聞いていたのと違う
  • 環境になじめない
  • 人間関係が最悪
  • 激務すぎ
  • やりたい仕事内容ではなかった

このように、転職で後悔しない為にも、目的をしっかり持って早めに情報収集から始めましょう。

pokoのアイコン画像poko

忙しい毎日だからこそ、転職のプロの力も活用して負担を減らそう!

▼転職お祝い金が魅力▼

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる