ケンブリッジ検定スピーキング概要とパート1で使えるフレーズ集

ケンブリッジ検定のFCEレベルは、語学のコミュニケーションスキルを示す国際標準規格のヨーロッパ共通参照枠:CEFR ( The Common European Framework of Reference for Languages)でB2以上に相当します。

これはケンブリッジ英検スケールスコアで160以上、IELTSに換算すると5.5-6.5程度になり、就職や進学に有効なスコアになります。

今回は就職や進学に使えるケンブリッジ検定のスピーキングテストの概要とパート1のポイントを解説していきます。

目次

スピーキングテストの内容

スピーキングテストの配点は全体の20%を占めます。

スピーキングの試験は2人または3人の受験者が同室で受験します。

学校などで申し込む場合はクラスメイトや友達同士で受験が可能ですが個人で申し込みをした場合には他の受験者とペアを組まれます。

試験の行われる部屋には2人の試験官がおり、1人は両受験者に直接質問をする人、もう1人は試験での会話の内容を聞いている人になります。

試験時間は約14分間パート1 – 4で構成されています。

  • パート1:試験官と受験者間で自己紹介のような個人的な質問を受けます。
  • パート2:試験官が示す2枚の写真を見て各受験者毎に1分間で説明をします。
  • その後、写真と関連する内容について試験官がもう1人の受験者に質問をします。
  • パート3:両受験者で話し合い、意見を調整して意思決定をするタスクが出題されます。
  • パート4:パート3に関連したトピックについて議論していく形式になります。

スピーキングテスト全体を通して採点されるポイント

  1. 発音
  2. 文法
  3. 語彙力
  4. 自分の意見をまとめる能力
  5. 議論に参加する能力

になります。それではスピーキングパート1について見ていきましょう。

スピーキングパート1の概要

パート1は試験官と受験者1人ずつの2分間の会話になります。挨拶と試験官の紹介の後に名前を聞かれ、すぐにパート1に移ります。

パート1での質問内容は個人的な質問になり、例えば家族や趣味、仕事や勉強、週末の過ごし方や将来の夢についてなど、多岐に渡ります。

例えば、How do you think you’ll use English in the future?と試験官から聞かれた場合、

Well, I think English is absolutely necessary and to speak English is advantageous to me. Since I’d like to work in travelling, so I need to communicate with many people from different countries.

このように自分の考えや意見とその理由を簡潔に述べます。短文をたくさん続けるのではなく接続詞を効果的に活用して答えていきます。

パート1のポイント

丸暗記しない

丸暗記した答えは試験官にはすぐわかりますし、デメリットとして聞かれている質問に答えられない可能性もあるからです。トピック毎に自分のアイディアや言い回しをまとめておき、柔軟に使いこなす練習をしましょう。

ボキャブラリーを増やす

質問されるであろうトピックに関連するボキャブラリーは自分にストックしておきましょう。さらに同義語を使用すると同じ語句の繰り返しを避けることができるのでスコアアップにつながります。

試験官の質問をよく聞く

質問を理解していないまま回答すると聞かれていることに対して答えられないので質問を理解していないと判断されポイントが下がります。質問は注意して聞き、もし分からなかったときは質問文を聞き返しましょう。

理由と情報を付け加える

質問に対する答えだけではとても短くなってしまいます。これでは試験官がスコアを判断する材料も少なくなってしまい高得点につながりません。聞かれた事に関しての答えとその理由や関連した情報を必ず付け加えます。

自信をもって答える

間違っているかもしれないと思って自信なさそうに答えると口を大きく開いて発音することができません。これは発音やイントネーションにも影響を与えますのではっきりと話すことを心がけましょう。

質問を聞き返す時に使えるフレーズ

ポイントで紹介した通りもしも試験官の質問が分からなかったときは以下のフレーズを使用して質問を聞き返しましょう。

  • Could you repeat the question?
  • I beg your pardon please?
  • Sorry, could you say that again please?

話始める時に使えるフレーズ

答えを考えている間は沈黙になってしまいがちですがこれらのフレーズを使うとナチュラルに聞こえ、間を埋めることもできます。

  • Okay, then…
  • Alright,…
  • Well, you know…
  • Actually,…

好きな事を答える時に使えるフレーズ

  • I’m pretty keen on:かなり夢中だ
  • I’m fond of:大好きである
  • I’m really into:熱中している
  • I’m a big fun of:の大ファンである
  • I’m passionate about:に熱中している
  • I prefer:を好む

嫌いな事を答える時に使えるフレーズ

  • I’m not so keen on:そんなに夢中ではない
  • I dislike:嫌いである
  • I really can’t stand:本当に耐えられない
  • I’m reluctant:することに気が進まない
  • I’m unwilling:するのを好まない
  • I loathe:ひどく嫌う

パート1では自分の事に関する質問をされるので好きな事や嫌いな事をさまざまな言い回しで表現できるこれらのフレーズを覚えておくと役に立ちます。

質問と解答例

いくつか質問と解答例を見ていきましょう。

Q:What do young people do in their free time in your town?

Basically, they go to the cinema with their friends because in our living place, there are not many facilities people can enjoy.

質問に適した答えとその理由が述べられています。

Q:Do you like playing sports?

Yes, I do. Especially, competitive one, like basketball or soccer. Actually, I have played basketball for 10 years and when I made a shot, I can be a super hero.

Yes,Noの質問ですが、その後に具体的な例や自分の経験について答えられています。

Q:Where would you like to go on holiday?

If I had the opportunity, I would like to travel to Paris. When I saw some photos on the Instagram, I was totally absorbed them because these were really romantic and looks really beautiful.

If を使った仮定法で使える文法の能力を示すことができます。

Q:Tell us a little about your family.

Well, we’re 4 of us, my father, mother ,older brother and myself. Both my parents are teachers and my brother is a soccer player. We are really close so, when my brother takes part in a game, we often go to watch his play.

すべての家族に対して述べ、最後に家族全体をまとめられています。

このように質問に応じて様々な視点から答えていく必要があります。短い解答の中でいかに適切な文法とさまざまなボキャブラリーを使って質問に解答できるかが大切になります。

まとめ

パート1ではトピックに関しての答えや理由をまとめて話すということが重要になってきます。使えるフレーズやボキャブラリーを自分の中にストックして実際の試験で活かせるよう声に出して練習していきましょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる